「俺たちは能なしだ」酒井宏樹が復帰もCL争いから脱落したマルセイユ———選手から辛辣なコメントも【現地発】

カテゴリ:海外日本人

結城麻里

2019年04月07日

酒井の出来は悪くなかった。

酒井の存在がサポーターの心の拠り所になっているのは間違いないが……。 (C)Getty Images

画像を見る

 4月5日の20時40分。ボルドー対マルセイユ戦の中継局『Canal+Sport』が最初に映し出したアップ映像は、19歳のDFブバカール・カマラと日本人DF酒井宏樹が入場口に向かう姿と表情だった。

 パリ・サンジェルマン戦を別にすれば、ここ数試合のマルセイユのディフェンスは安定していたが、2人が揃って出場停止だった前節のアンジェ戦では守備が瓦解して5位に転落。それ故に、注目を集めていたのだ。

 とりわけ、酒井への期待は大きかった。この日本代表DFがアジアカップで留守だった間、マルセイユは1勝1分け3敗と急降下。激怒したサポーターはリュディ・ガルシア監督の解任を猛烈に要求する事態となった。

 ところが酒井がUAEから戻るや否や、冬に加わったマリオ・バロテッリの活躍もあり、チームは復調。このため、半ば本気で「勝利をもたらすのサカイだ」と信じ込んでいるサポーターが少なくなかった。

 だが、42年間の呪縛は酒井にも解けなかった――。

 マルセイユは何と、1977年10月1日に勝利して以来、ボルドーの地で42年間も勝利できずにいたのだ。そのボルドーはチーム再建中で、今回は呪いを解く絶好の機会だった。しかも、この鬼門の地で凱歌を上げれば、再びチャンピオンズリーグ(CL)出場に向けて上昇気流に乗るチャンスだった。だが、そうはならなかった。

 もっとも、酒井の出来は悪くなかった。立ち上がりから猛攻を仕掛けてきたボルドーのアタックを食い止め、7分にCKをゲット。ディミトリー・パイエットがこのCKを蹴り、若きカマラがヘッドで狙うも、惜しくもゴールを奪えなかった。

 10分にも酒井が右サイドを疾駆して好クロスを上げ、ケビン・ストロートマンのボレーに繋げている。

 このため解説者アビブ・ベイユは、「サカイは非常に攻撃的にプレーしている」と賛辞。マルセイユOBで、激しい口調で的確に主張することでお馴染みの人気解説者は、後半にも意外な場面で背番号2を称えている。

 56分、酒井が右サイドからヴァレール・ジェルマンに向けてマイナスのパスを送り込むも、インターセプトされた瞬間のことだった。実況アナが「サカイが悔しがっています」とコメントすると、ベイユは酒井の動きを解説しつつ、「サカイのジェネロジテ(寛大な精神)だ」とポジティブな評価をした。

 だが、27分にネマニャ・ラドニッチのハンドからPKを与えて先制を許したマルセイユは、71分にもジョルダン・アマヴィのボールロストからカウンターを食らって失点。このシーンでは、ニコラ・ドプレヴィルが猛スピードで駆け上がったところをカマラが止められず、酒井も必死で戻って加勢したが防ぎきれなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ