「このレベルを知りに来た」パリSGの”怪童”エムバペとの対戦を終え、昌子源が感じたことは…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月03日

74分までは何とか抑え込むも…

エムバペ(右)と何度もマッチアップした昌子(左)。世界のトップレベルのスピードやテクニックを体感した。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本代表DF昌子源が所属するトゥールーズは、現地時間3月31日、ホームでパリ・サンジェルマンと対戦し、1-0で敗れた。

 王者パリSGは、ネイマールやエディンソン・カバーニのダブルエースを欠いたほか、アンヘル・ディ・マリアとユリアン・ドラクスラーが欠場し、万全の状態ではなかった。

 そんななか、昌子が対峙したのが、いまや世界トップクラスのアタッカーに成長した“怪童”キリアン・エムバペだ。

 4バックの右CBで先発した昌子は、このフランス代表FWと度々マッチアップ。前半は苦労しながらも何とかゴールを許さなかったものの、スコアレスで迎えた74分、右サイドから放り込まれたクロスを受けたエムバペに対する寄せがやや遅れ、ゴール右隅にシュートを叩き込まれてしまう。

 結局これが決勝点となり、トゥールーズは敗北。昌子にとっては悔しさの残る一戦になってしまった。

 試合から3日後、昌子はトップレベルを目の当たりにした心境を、自身のインスタグラムを通じて明かしている。

「無抵抗な自分にイラついた。けどここで世界のトッププレイヤー相手に縮こまるよりチャレンジしないともったいない。抜かれても色々な事にトライした。このレベルを知りに来た。フランスに来てから悔しい思いばかりだが、常にチャレンジ。自信をなくさずこれからも頑張る。常に真剣勝負の世界だが楽しまないともったいない!」(原文ママ)

 エムバペと対峙した瞬間の写真とともにこのメッセージを投稿し、改めて海外での挑戦に闘志を燃やしている。

 トゥールーズは、現地時間6日、ホームでナントと対戦する。昌子にとって、敵将ヴァイッド・ハリルホジッチ監督とは、2月5日に行なわれた国内カップ戦以来の“再会”となる。かつて日本代表に抜擢してくれた恩師に、成長した姿を見せられるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ