「まだまだ差があるなと…」酒井宏樹がパリSGとの“フランス版クラシコ”を戦って漏らした本音とは?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

結城麻里

2019年03月19日

「エムバペがわざと…」PK献上シーンには不満も吐露

パリSGとのダービーマッチで先発出場を飾ったマルセイユの酒井宏樹。ワールドクラスのアタッカーと対峙し、成長した姿を披露した。 (C) Getty Images

画像を見る

「ミッション・アンポッシーブル(インポッシブルなミッション)だね」

 現地時間3月17日に行なわれた、リーグ・アン第29節。パリ・サンジェルマンとのル・クラシック(フランス版クラシコ)に敗れたマルセイユのリュディ・ガルシア監督が記者会見場で、宿敵に勝つ術について自嘲気味に話していた頃、ミックスゾーンに詰めかけていたフランス人記者たちも、困難な"ミッション"に取り組んでいた 。

 なにしろ選手が止まってくれないのである。1-3で完敗を喫したマルセイユの面々は、記者の問いかけに見向きもしないのだ。腹痛を訴えながらも先発をしたマリオ・バロテッリは真っ先に目の前を通過し、ベンチスタートだったケビン・ストロートマンやディミトリ・パイエも足早に去っていった。

 だが、ミックスゾーンの片隅の一角に集められた日本の報道陣の前には、この日、左サイドバックで先発出場したマルセイユの酒井宏樹が、いつも通りきっちり止まってくれた。

 敗戦の悔しさからか、表情はやや硬く、意図的かはわからないが、普段より少し記者たちとの距離を取りつつも、日本代表DFは丁寧に答えてくれた。

 筆者はまず「プレに感謝ですね」と問いかけた。というのも、後半アディショナルタイム2分に酒井は相手エースのキリアン・エムバペを倒し、PKを献上。このPKを正守護神ステーブ・マンダンダの退場によって途中出場していたフランス人GKヨアン・プレが、セーブしてくれていたからだ。
 
 酒井はこのシーンをこう振り返った。

「はい、本当に。でも、審判にはビデオをちゃんと観てもらいたかったです。もちろん審判の判断はリスペクトしますけど、あれは僕のファウルじゃなく、エムバペがわざと……」

 実際、酒井はこの時、必死にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で再審するように要求したのだが、主審はそれに耳を傾けようとしなかった。試合終了間際で試合の趨勢は決まっていたとはいえ、たしかに故意に倒れたようにも見えるエムバペのプレーに、普段はクレバーなサムライ戦士も黙ってはいなかった。

 もっとも、試合を通して酒井自身が抱いていた感触は、決して悪くはなかったようだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ