「高校時代サッカー部」から箱根駅伝優勝、MGC獲得!“異色のランナー”山本浩之の知られざるシンデレラストーリー

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年04月02日

「サッカーを続けていても先はない」と転向を決意。

強豪コニカミノルタで主力を務めてきた山本。いまやチーム最年長となった。写真:江國森

画像を見る

「陸上の大会に出てみたらどうだ」

 きっかけは、高校時代にサッカー部の顧問から言われたこの一言だった。校内のマラソン大会では常に断トツ。長距離を走る能力はずば抜けていた。

「このままサッカーを続けていても、先はない。陸上にトライすれば道が拓けるかもしれない」

 最初は小さかった思いが、だんだん抑えきれなくなっていく。高校3年に上がるタイミングで、思い切って打ち明けた。「一度、陸上の大会に出させてください」

 サッカーに見切りをつけた瞬間だった――。

 山本浩之が本格的にボールを蹴り始めたのは、小学2年の時。さいたま市下落合のスポーツ少年団に入団したのだ。

 小学生時代は主に右ウイングでプレイしていたが、6年の時にはチーム事情でCBも経験。身体は小さく華奢だったが当時からスタミナは抜群で、敵のエースストライカーをマンマークする役を任された。

 埼玉出身とあって、贔屓にしていたのは浦和レッズだ。当時在籍していた小野伸二(現コンサドーレ札幌)や山田暢久のファンで、スアジアムにもたびたび足を運んだ。

 与野東中でも迷わずサッカー部へ入部。主に左サイドハーフや左SBなどを担った。県大会に進むなど、チームもそこそこ強かったという。
 
 高校は、サッカー部の顧問の勧めで、埼玉県立川口北高に進学。当時はいわば最盛期で、メンバー入りはできなかったとはいえ、1年の時にはインターハイ予選、選手権予選ともにベスト4に勝ち進んだ。

 2軍や3軍を行き来していた2年生の時、チャンスが巡ってきた。持久力を買われてFWで先発する機会を得たのだ。「前線で敵を掻きまわしてこい」と指示を受けて送り出されるも、監督の期待には応えられず。「あれだけスタミナがあるんだから、もう少しできるだろう」と叱られた。一軍のメンバー入りは遠のいていった。

 そんなタイミングで決断したのが、陸上への転向だった。インターハイの予選が終わるまでは、陸上部とサッカー部の掛け持ち。だが、気持ちは完全に前者に傾き、いつしか陸上の練習がメインとなっていた。そんな状況でも、突然サッカー部の試合に駆り出されることもあったという。

 サッカー部のインターハイ予選が終わった時点で“二刀流”に終止符を打ち、陸上一本に。ここから、シンデレラストーリーが始まるのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ