【J1採点&寸評】C大阪0-1広島|初勝利をもたらしたサロモンソンをMOMに選出!お見合いの失点は誰のミス?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年03月09日

G大阪――守備よりも攻撃面のほうが課題は多い。

【警告】C大阪=片山(33分)、松田(58分)、L・デサバト(81分) 広島=D・ヴィエイラ(5分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】エミル・サロモンソン(広島)

画像を見る

[J1リーグ3節]C大阪0-1広島/3月9日(土)/ヤンマー
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 4.5
今季から指揮を執るロティーナ監督のもとでポゼッションサッカーを実践しているが、開幕から続く重心の低さは変わらず。作り出した決定機は皆無に等しかった。ミスから決勝点を奪われた守備面よりも、1点も奪えなかった攻撃面のほうが課題は多い。
 
【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 4.5
M・ヨニッチとのお見合いから決勝点を献上。64分にもビルドアップで失態を犯すなど不安定さを露呈。
 
DF
16 片山瑛一 5.5
今季初先発。3バックの一角から前へ出る積極性は光ったが、簡単なミスも何度か見られた。
 
22 マテイ・ヨニッチ 4.5
バックパスをキム・ジンヒョンと譲り合い、決勝点を与えてしまった。味方からのバックパスだっただけに、GKに任せるべきではなかった。
 
3 木本恭生 5.5
守備面で突破を許すシーンは少なく、及第点の働き。足を痙攣させながらのフル出場。
 
MF
2 松田 陸 5.5(63分OUT
今季初先発。54分には最終ラインの裏へと走り込み決定機を迎えたが、シュートは枠外。
 
6 レアンドロ・デサバト 5.5
6日のルヴァンカップ大分戦に続きフル出場。自身のバックパスが失点につながった。
 
25 奧埜博亮 5.5(74分OUT
ダブルボランチの一角として広範囲をカバー。だが、攻撃面での恐さはなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ