広島が約6か月ぶりの白星!安堵の城福監督「サポーターと喜び合いたかった」「ゼロで抑えられたのが一番の要因」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月09日

「ああいう泥臭い得点というのは、このチームに必要」とのコメントも。

ようやく掴んだ白星に、城福監督は胸をなでおろしたようだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ3節]C大阪0-1広島/3月9日/ヤンマー
 
 サンフレッチェ広島が、ようやく白星を挙げた。今年2月のACLプレーオフ、チェンライ・ユナイテッド戦をPK戦の末にモノにしていたものの、90分間での勝ち星は、昨年9月1日の鹿島戦(〇3-1)以来、約6か月ぶり。アウェーでセレッソ大阪を破った1-0の勝利に、広島の城福浩監督は安堵の笑みを浮かべた。
 
「本当に広島から多くのサポーターが来てくれて、彼らと喜び合いたかった。久々でしたね。サポーターと勝利の味を一緒に味わうのは」
 
 19分にエミル・サロモンソンのゴールで先手を取った広島は、そのまま守備のバランスを保ってC大阪の反撃を撥ね返し、1-0で試合を終わらせた。「ゼロで抑えられたので、そこが一番の要因だったと思います」と指揮官が振り返る通り、粘り強い守備がもたらした勝点3だ。
 
 また、サロモンソンのゴールも、「自分たちでチャンスを作って綺麗な得点もいいんですが、ああいう泥臭い得点というのは、このチームに必要」(城福監督)というもの。理想通りにいかないなかでも勝点3をもぎ取ったこの試合は、選手たちに自信を与えたに違いない。

 広島は12日に中2日でACL2節のメルボルン・ビクトリー戦を迎える。元日本代表の本田圭佑を擁する豪州の雄を相手に連勝を飾れば、その自信はより深まるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【C大阪 0-1 広島 PHOTO】ゴール前で3人が絡む大混戦!最後に掻き出してチームを救ったのは…
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ