ガンバ大阪が新助っ人獲得を電撃発表! バルサBでもプレーした元スペインU-19代表の実力やいかに!?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月09日

背番号は「11」に決定! 関西弁でいきなり笑いを取る

G大阪が5人目の外国籍選手獲得を発表。22歳のウインガー、コンチャのパフォーマンスに注目だ。写真:早草紀子

画像を見る

 ガンバ大阪は3月9日、レアル・ソシエダから22歳のスペイン人MFダビド・コンチャを20年1月1日までの期限付き移籍で獲得したと電撃発表。背番号は「11」に決まり、本拠地パナソニックスタジアム吹田で行なわれた名古屋グランパス戦、そのハーフタイムでさっそくサポーターにお披露目された。

 ラシン・サンタンデールの下部組織で育ったコンチャは、2013年に17歳でプロデビュー。15年に“育成の名門” R・ソシエダに引き抜かれ、16年にトップデビューを飾った。ラ・リーガ1部の通算成績は8試合・0得点だ。

 17-18シーズンにはバルセロナB(当時は2部に所属)にレンタルされ、研鑽を積んだ。スペインU-19代表の招集歴もある俊英だ。
 
 持ち味は精度の高い左足のキックと果敢なドリブルで、2列目ならどこでもプレーできるチャンスメーカーだ。172センチと上背こそないものの、一級品のスピードを誇る。4-4-2システムを主に用いる今季のG大阪。サイドハーフのポジションは右の小野瀬、左の倉田が幅を利かせているが、お世辞にも層が厚いとは言えない。まさに、おあつらえ向きの補強である。

 ホームサポーターに「コンニチワ、オオサカ」「マイド、オオキニ」と関西弁で挨拶し、さっそく笑いを誘ったコンチャ。開幕3試合で1勝2敗、8得点・8失点とどこかすっきりしないスタートのG大阪において起爆剤となれるか――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【G大阪 2-3 名古屋 PHOTO】熾烈なシーソーゲームを名古屋が制す
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ