【小宮良之の日本サッカー兵法書】 “段階的”な強化など不可能! 全て“同時”に推し進めるべきだ

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2019年02月17日

「まずは堅守」「次は攻撃」はありえない

ペップは「ボールゲーム」を基本に、全ての状況に対応する。それに合った選手を揃え、攻守両面で同時に強化を進めている。 (C) Getty Images

画像を見る

「堅守+攻撃サッカー」
 
 しばしば、この手のスローガンやメディア評価を目にする。守りを固めることができたから、次はより攻撃的に!――そうした強化の発想だろうか。
 
 しかし残念ながら、実現できる可能性は乏しい。
 
 サッカーは、大きな意味でのアイデアとビジョン、そして緻密で詳細なトレーニングによって成り立っている。
 
 例えば、人海戦術で守り通し、カウンター一発、もしくはセットプレーで勝ちを拾っていたチームが、都合良く、「攻撃サッカーを採り入れる」というのは理論上、あり得ない。
 
 固く守って成功していたのは、それに合ったプレーを得意とする選手がいたからこそ可能だった。その選手たちに、「次は少し攻撃に」と伝えても、笛吹けど踊らない。ボリュームのようにひねって調整するものではないのだ。
 
 たとえ、そのチームに攻撃的で技術のある選手を補強したとしても、不具合は起きる。それは、水と油のように混ざらない。多くの場合、全体のバランスは失われる。結果、立ち戻るプレーモデルさえもなくしてしまうのだ。
 
 サッカーという競技は、守備の次に攻撃、と段階を踏むものではない。攻撃している時には、必ず守備の準備が必要で、守備をしている時には同じく、必ず攻撃の準備が必要になる。
 
 準備とは、ポジショニングであったり、サポートの角度であったり、心理的な面もそのひとつだろう。そのクオリティーを、毎日のトレーニングのなかで高めていく――。それが、強化の本質だ。
 
 サッカーは他の競技以上に、止まらずに流れる動きのなか、コンビネーションの練度の高さがアドバンテージを生む。それは攻撃でも、守備でも、同じことが言える。あうんの呼吸があれば、相手の先手を取れるし、後手に回らない。補完関係を築くことによって、優位を保てるのだ。
 
 優れた指導者は、その精度をトレーニングによって高められる。それは、「まずは堅守」であるとか「次は攻撃」であるとか、あるいはその逆でもない。順序ではないのだ。
【関連記事】
中島翔哉、カタールでのデビュー戦で躍動! 絶妙スルーパスで先制点の起点となり勝利に貢献!!
復帰戦で同点PK弾の本田圭佑が巻き返しへ意欲「ちょっとブサイクな感じでも…」
名手イニエスタから意外な回答が続出! 衝撃を受けた選手、好きな女優&小説、彼氏にしたい僚友まで…
【セルジオ越後】Jの注目は大迫の代役争い!ゼロックス杯なら杉本は落第、小林はまずまず
「なんて罪な可愛さだ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがついに2019年最初の“自撮り”を公開!
Jリーガー「好きな女性タレント」ランキング2019年版! “月9”に2期連続出演、人気急上昇中の女優が堂々の1位に!
【移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(2/25現在)
ペップがディバラ視察にクラブCEOを派遣? 「獲得には最低130億円が必要」とイタリア紙報道
コンテ、シメオネ、モウリーニョ…「次のインテル監督にふさわしいのは?」 イタリア紙がアンケートを実施

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ