コンテ、シメオネ、モウリーニョ…「次のインテル監督にふさわしいのは?」 イタリア紙がアンケートを実施

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

一番人気はクラブOBのシメオネ。

サポーターの一番人気はシメオネ(中)だが、最有力は以前から噂が絶えないコンテ(左)か。(C)Getty Images

画像を見る

 グループステージ最終節で敗退したチャンピオンズ・リーグ(CL)に続き、インテルはコッパ・イタリアでもベスト8敗退に終わった。セリエAでも2019年に入ってからの2試合は1分け1敗。3位という順位にはつけているが、不振からルチアーノ・スパレッティ監督への風当たりは強くなっている。

 契約延長交渉が騒がれる中、リーグ戦で5試合もゴールから遠ざかっている主将マウロ・イカルディに、プレミアリーグへの移籍志願で不協和音を生んだイバン・ペリシッチ、そして鳴り物入りで加入したにもかかわらず期待を裏切っているラジャ・ナインゴランと、インテルの問題は山積している。
 
 だが、低迷の責任をもっとも問われるのは、やはり指揮官だ。就任から2シーズン。今シーズンはCL復帰を果たしたものの、タイトルや欧州トップレベルへの復活を望むオーナーの要望には応えられていない。イタリア・メディアは、シーズン後の監督交代を騒ぎだしている。

 実際、スパレッティ監督はサポーターからの信頼を失いつつあるようだ。「だれがインテルを率いるべきか」というイタリア紙『Gazzetta dello Sport』のアンケートで続投を望んだファンは、1万8000人超の11.7%しかいなかった。

 候補に挙げられているのは、前チェルシー監督のアントニオ・コンテ、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督、そして前マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョだ。

 サポーターの間でもっとも人気なのが、現役時代にインテルでプレーしたシメオネ監督。45%と半数近いファンからの票を得た。2番人気は、以前からインテル行きの噂が絶えないコンテ。29.6%と3割近いサポーターが就任を希望している。

 意外だったのが、13.7%の得票率に終わったモウリーニョ。2010年にイタリア勢初の3冠を成し遂げ、インテリスタのアイドルとなったモウリーニョだが、チェルシーやユナイテッドでの直近の結末から、再任を望む声は大きくないようだ。

 いずれにしても、スパレッティ監督がベンチの座を守るには、来シーズンのCL出場権の確保と、ヨーロッパリーグでの躍進が最低条件となるだろう。コッパ・イタリア敗退から初の試合となる2月3日のボローニャ戦で、インテルは公式戦4試合ぶりに白星を取り戻すことができるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ