ジーコは怒っているのではなく――20冠達成の鹿島に、そのスピリットはいかにして浸透したのか?

カテゴリ:Jリーグ

加部 究

2018年11月13日

ジーコはいつも怒っている――スタッフも選手もそう思っていた

今季途中からはテクニカルディレクターとして鹿島を支えたジーコ。チームとともに歓喜に浸った。(C) Getty Images

画像を見る

 現役時代に才気溢れるプレーで世界を熱狂させたジーコは、その先に伝道師としての運命(責務)が待っていると考えていたようだ。だからスーパースターは、アマチュア時代の日本だけではなく、インド、イラク、ウズベキスタンなど、敢えて苦難を追い求めるかのように、サッカーの発展途上国を転々とした。
 
 ジーコが来日したのは、将来のJリーグ加盟さえ保証されないJFL2部の住友金属だった。土のグラウンドで練習し、遠征に出ればベッドで横たわると足がつかえそうなビジネスホテルに宿泊した。だが劣悪環境には不平はこぼさず、スタッフを質問攻めにした。
 
 ゴールネットが緑色、更衣室にパイプ椅子のみ、トレーニングの目的……「なぜ、なぜ」の問いに現強化担当の鈴木満(当時監督)は、グラウンドに向かうのが憂鬱になったという。
 
――ジーコはいつも怒っている――
 
 スタッフも選手たちも、そう思っていた。ある時、通訳の鈴木國弘は、とうとうジーコにぶちまけた。
「こんなに怒られてばかりじゃ、もうやってられませんよ!」
 即座にジーコは理解不能の表情を作った。
「オレが怒る?オレはおまえに1度も怒ったことはないぞ」
 
 しばらくしてクラブ内でも、ジーコは怒っているのではなく、意識改革に心血を注いでいることに気づいていく。それからは鈴木満を筆頭に、ジーコからプロ意識を学ぶ姿勢が徹底していったそうである。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ