英国誌記者が“20冠”に想う。「アザディでの90分間にアントラーズの哲学が凝縮されていた」

カテゴリ:Jリーグ

マイケル・プラストウ

2018年11月13日

彼らはジーコを信じた。信じ続けた

ACLの優勝トロフィーを掲げて満面の笑みを浮かべるジーコTD。もはやレジェンドという言葉では語り尽くせない、偉大なる先達だ。(C)Getty Images

画像を見る

 鹿島アントラーズが初めてアジア王者に輝いた。あの10万大観衆のアウェーの地で掴んだ20個目の栄冠。まずはその偉業達成を大いに称えたい。

 なぜ茨城で生まれた小さなクラブが、ここまでの成功を収めることができたのか。ありきたりかもしれないが、やはりジーコの存在が大きかったと思う。

 すべてのサクセスストーリーはジーコから始まり、クラブは“神様”のビジョンを脈々と受け継ぎ、かつそのコネクションを活かして発展を遂げてきた。今シーズン途中にテクニカルディレクターとして舞い戻ったが、ジーコが夏に連れてきたセルジーニョが圧巻の出来を披露し、ACL制覇の立役者となった。アントラーズはジーコを信じた。信じ続けた。これが大きなカギだ。この一貫性こそが、20冠という大きな収穫に繋がったのである。

 
 もう四半世紀も前の話だ。Jリーグが産声を上げたころ、各クラブはこぞって世界的な名手を獲得した。ラモン・ディアスにピエール・リトバルスキー、ガリー・リネカーなどそれは華々しい限りだったし、1994年のアメリカ・ワールドカップの直後にはドゥンガやサルバトーレ・スキラッチも日本の地を踏んでいる。

 同じ時期にアントラーズで異彩を放ったレオナルドとジョルジーニョも忘れてはいけないだろう。ジーコの呼びかけを意気に感じた彼らは、すぐさまチームにフィットし、名実ともにワールドクラスであることを証明し続けた。日本のひとつのフットボールクラブにジーコほど貢献した外国人は、ほかに誰もいない。

 アントラーズはジーコを迎えてラッキーだったのか。それとも計算づくだったのか。おそらくはその両方だろう。

 当時日本サッカーリーグ(JSL)の2部所属だった前身、住友金属は、2位以内に入らなければJリーグに参戦できず、早急な補強が不可欠だった。大物助っ人に狙いを定めたのは他クラブと同じアプローチながら、幸運にも40歳を迎えていたジーコがタイミング良く新たな挑戦を望み、住友金属のビジョンとしっかり合致したのが大きい。ジーコはまさに日本サッカーの発展のためにすべてを捧げる覚悟だったのだ。
【関連記事】
【セルジオ越後】10万アウェーで悪者になれる鈴木の度胸は大したもの。近未来のA代表入りを予感させるのは…
「鹿島は揺らがなかった」「Kリーグの不振は偶然ではない」鹿島のACL制覇を韓国メディアも称賛!自国リーグと比べる声も
西大伍の投稿がサポーターに大反響!! ACL初制覇の喜びに鹿島アントラーズの選手たちが勝利の記念写真!
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
平愛梨がまさかの“仮装”で夫・長友佑都に大変身!「似てるな」「俺の代わりいけるわ」と本人も衝撃!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ