西大伍の投稿がサポーターに大反響!! ACL初制覇の喜びに鹿島アントラーズの選手たちが勝利の記念写真!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月11日

ロッカールームで勝利の記念写真を撮影!

常に冷静さを失わないプレーで優勝に貢献した西大伍。チームに安定感をもたらしていた。 (C) Getty Images

画像を見る

 ついに念願のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のタイトルを手にした鹿島アントラーズ。ホームでの第1戦を2-0でモノにすると、第2戦のアウェーではしたたかにスコアレスドローに持ち込み、鹿島らしい抜け目ない戦いぶりで初タイトルを手にした。

 フランスの全国紙『L’EQUIPE』は「日本でも複数のタイトルを獲得している著名なクラブであるカシマ。彼らはイランでようやく、アジアのチャンピオンとなった」と長年の戦いぶりも含めて讃えている。

 悲願のタイトルを手にした選手たちは、表彰式を終えて引き上げたロッカールームで記念写真を撮影したようだ。ACLのトロフィーを手に、選手たちは試合前に見せていた緊張の面持ちとは打って変わり、喜びを爆発させた笑顔を浮かべている。身に着けた赤いユニホームの胸には「20」。クラブにとって20冠目を示す数字だ。

 この写真を一番に投稿したのは、アウェー戦でも普段と変わらない落ち着いたプレーを見せた西大伍。自身のツイッターに「みんなおめでとう、そしてありがとう」という短いコメントとともに、記念写真を投稿している。

 投稿は日本時間3時31分にされたにもかかわらず、1時間足らずでコメント150件以上、2000近い「いいね」が寄せられた。サポーターからのコメントは、主に優勝を祝うものだが、祝福というコメント以上に「ありがとう」という感謝が寄せられている。

「鹿島の悲願のタイトルをありがとうございます!」「この日をずっと待ちわびていました。ありがとう」「生まれたときから鹿島アントラーズサポーターで良かった!ありがとう!」

 続々と寄せられる感謝の声に、選手やクラブにとってはもちろん、鹿島のサポーターにとっても念願のタイトルであったことが窺える。

 清々しい笑顔を浮かべた鹿島の選手たち。ACL優勝によって出場権利を得たクラブ・ワールドカップでは、北中米カリブ王者のグアダラハラ(メキシコ)と対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ