「鹿島は揺らがなかった」「Kリーグの不振は偶然ではない」鹿島のACL制覇を韓国メディアも称賛!自国リーグと比べる声も

カテゴリ:Jリーグ

ピッチコミュニケーションズ

2018年11月12日

決勝第2戦には試合前から関心が寄せられていた

韓国人選手のクォン・スンテやチョン・スンヒョン(35番)を評価する報道も多かった。(C)Getty Images

画像を見る

 鹿島アントラーズは11月11日、イランのアザディ・スタジアムで行なわれたアジア・チャンピオンズリーグの決勝第2戦でペルセポリス(イラン)と対戦し、0-0で引き分けた。ホームでの第1戦に2-0で勝利した鹿島は、2戦合計2-0とし、クラブ初のアジア王者に輝いた。
 
 この結果は、韓国でも報じられている。
「鹿島、クラブ史上初のACL優勝…アジアチャンピオンに」(『sportalkorea』)
「水原三星を破った鹿島、アザディでACL優勝の胴上げ…日本勢が2年連続で頂上に」(『MKスポーツ』)
「今度は鹿島…Jリーグ、2年連続でACL優勝チームを輩出」(『スポーツ韓国』)
 
 この決勝第2戦には試合前から関心が寄せられており、「“8万人の観衆”が集まる…ACL決勝、歴代最多観衆記録の更新が目前」(『スポーツソウル』)と報じるメディアもあった。公式発表によれば入場者数は10万人を記録したというが、そんな大観衆が見守った試合の内容も、韓国メディアは詳しく伝えている。
 
 例えば『InterFootball』は、「第1戦で2-0で勝利した鹿島は無理をする必要がなかった。安定的に試合を運び、アザディ・スタジアムの雰囲気に動揺しないようにした」としたうえで、「焦ったペルセポリスは神経戦を展開したが、鹿島は揺らがなかった」と報じた。また、同メディアは鹿島の守備にも注目。「鹿島は継続して堅固な守備を構築した。ペルセポリスは、そんな鹿島をちっとも圧迫することができなかった」と綴っている。
 
 また、韓国人選手の活躍にスポットライトを当てるメディアも多い。
「日本の鹿島、ACLで初優勝…クォン・スンテとチョン・スンヒョンの鉄壁の守備が助けた」(『聯合ニュース』)
「クォン・スンテとチョン・スンヒョンの鹿島、ACLで初優勝」(『ソウル新聞』)
「“クォン・スンテとチョン・スンヒョンが活躍”日本の鹿島、ACLで初優勝」(『スポーツ朝鮮』)
 といった具合だ。
 
 前出の『sportalkorea』は、第1戦で敗れたペルセポリスは序盤から一方的に攻撃を仕掛けていたと振り返りながら、「しかし、ペルセポリスはクォン・スンテを貫くことはできなかった。シュートはすべてクォン・スンテのファインセーブに阻まれた」と報道。「守備もチョン・スンヒョンがよく持ち堪え、相手の攻撃を効率的に防ぎ、隙を見せなかった」としている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ