マイケル・プラストウ 新着記事

「鎌田のゴールで完全に黙らせた!」英国の熟練記者が日韓戦の森保ジャパンを手放し称賛!「凄みさえ感じる」

 およそ1年4か月ぶりのホームゲームで、日本代表は積年のライバルを相手に鮮やかな勝利を飾ってみせた。 流れるように選手たちが攻守に連動して、韓国代表に自分たちのフットボールをする時間もチャンスも... 続きを読む

「遠藤と伊東には驚いた」英国熟練記者が森保ジャパンの欧州遠征4試合を総括!「前線のベストな選択肢は明らか」

 最強ではないけれど、良い相手と組んだ4つの試合で、ふたつの勝利、ひとつの引き分けと敗北。生まれたのはたったふたつのゴールで、そのうちひとつはPKだった。この結果は、日本が今、どのようなステージ... 続きを読む

英国の熟練記者が森保ジャパンを斬る!「強力な守備がさらなる進化を促すだろう。正直言って久保には…」

 今回もまた、実に見応えのあるフレンドリーマッチだった。 日本もコートジボワールもよくボールを動かし、ハイテンポを維持しながら上手くバランスを保っていた。ピッチを広く使い、互いのカバーリングを怠... 続きを読む

「W杯史上最強の日本代表になれる」英国の熟練記者はそれでも森保ジャパンをポジティブに評価する

 なかなか興味深いゲームだっただろう。 日本はゲームを支配していたわけではないが、予想以上にコンディションが良かったカメルーンを向こうに回し、ゲームを支配されたわけでもなかった。両チームとも迅速... 続きを読む

森保監督は続投すべきか。日本サッカー通である英国人記者の忌憚なき見解は──

 先のU-23アジア選手権はグループリーグ敗退に終わり、U-23日本代表もファンも大きな失望を味わった。まさに日本サッカー界を意気消沈させる結果で、半年後に控えた東京五輪への楽観的なムードはどこ... 続きを読む

「“真の日本代表”はほぼ更新されていない」熟練の英国人記者が森保ジャパンの2019年を斬る!

 2019年は、極端な言い方をすれば“誰でも”日本代表としてプレーできた1年だった。 いったい何人の選手が招集されただろう。60人は超えていた? 数え切れないほどだ。 こ... 続きを読む

「完勝すべき試合で完勝を収めた。ただ…」熟練の英国人記者がミャンマー戦の森保Jを斬る!

 日本代表が力強いスタートを切った。 火曜日にミャンマーで行なわれたワールドカップ・アジア2次予選の初戦。ボールが上手く繋げられない滑りやすいピッチだったが、選手たちはまるで氷の上でバランスを取... 続きを読む

「アジア予選で不可欠なのは誰かが分かった」熟練の英国人記者は“完勝のパラグアイ戦”をどう見た?

 パラグアイ戦は、新たな“発見”というよりも“再確認”の色合いが濃いゲームだった。 ゴールはふたつとも素晴らしい展開から生まれた。長友佑都と酒井宏... 続きを読む

【英国誌記者】18歳の若者が持つ世界的にも稀な影響力!久保建英は一流の名門クラブで“1年生”として技を磨くべきだ

 エルサルバドル戦の後半、久保建英が初めてのフル代表のピッチに立つべく、準備を始めた瞬間にさえ、観客からは得点が入ったような歓声が上がった。実際にそのピッチに立てば、観客はもちろんメディア席にも... 続きを読む

「3バック構築のトライはいい。ただ…」熟練の英国人記者が森保ジャパンを斬る!

 なんとも娯楽性に欠けた、物足りない内容のゲームだった。  日本代表がどれだけ攻勢を仕掛けてチャンスを生み出そうが、ゴールはどんどん遠のくばかり。トリニダード・トバゴ戦が行なわれた豊田スタジアムの... 続きを読む

「なぜあのスタメン?」「失われた60分間」ポジティブ視点の英国誌記者も今回ばかりは…

 森保ジャパンがボリビア代表を1-0で下した一戦。いったいどう評価すればいいのだろうか。 ひとつのゲームとしてジャッジすべきか、新戦力を含めたテストの場として見るべきか、長期的な視野に立って捉え... 続きを読む

「なにがいけない?」「娯楽性に富んでいた」熟練の英国誌記者が“惜敗”の森保Jを手放し称賛!

 端的に表現するなら、「観ていて楽しいゲーム」だった。 日本代表は横浜で、コロンビアに0-1で敗れた。アジアカップ決勝に続く黒星で、ロシア・ワールドカップで唯一倒した相手にホームで苦杯を舐めたこ... 続きを読む

「香川真司が化学変化をもたらす!」熟練の英国誌記者が森保ジャパンの新機軸に期待!

 森保一監督はまた、面白いスカッドを発表したものだ。 過去と未来が繋がるし、実にバランスの取れたメンバーだろう。私自身、予想だにしていなかった選手が数人いるが、いずれも一度日本代表で観てみたいと... 続きを読む

熟練の英国人記者が推奨! 森保ジャパンに呼んでほしい「5人のJリーグ未招集組」

 アジアカップでの準優勝を受けて、森保ジャパンが再始動する。3月の2連戦(コロンビア戦とボリビア戦)に臨む招集メンバーが近々発表されるが、はたしてどんな構成になるのだろうか。興味は尽きない。 理... 続きを読む

「日本は完成度が低かった。それでも…」英国誌記者が森保Jのアジアカップを大胆に総括!

 アジアカップ2019を制したのはカタール代表だった。文句なしの、圧巻のチームパフォーマンスで頂点まで駆け上がった。 決勝戦では日本代表を相手に終始、効率の良いフットボールを展開。前半半ばまでに... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ