「冷静だった鹿島と浮かれた水原」「ACLはKリーグ勢の手に余る」鹿島に敗れた水原三星を韓国メディアが酷評

カテゴリ:Jリーグ

ピッチコミュニケーションズ

2018年10月25日

「A代表の韓日戦のように盛り上がった」と『韓国日報』が報道

水原で行なわれたセカンドレグは3-3の引き分け。2戦合計6-5で鹿島が決勝へ駒を進めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準決勝セカンドレグが10月24日に行なわれ、鹿島アントラーズは水原三星ブルーウィングスとアウェーで対戦し、3-3で引き分けた。3日にホームで行なわれたファーストレグに3-2で勝利した鹿島が2戦合計6-5で上回り、決勝進出を決めた。
 
 韓国勢で唯一ベスト4に駒を進めた水原の決勝進出への道が閉ざされただけに、韓国メディアも悔しさを隠せない。
 
「水原、鹿島と痛い引き分け…ACL決勝行き挫折」(『edaily』)
「“またしても崩れた守備”水原、鹿島戦合計5-6で敗れる…“決勝進出失敗”」(『sportalkorea』)
「水原、後半に3点を取りながら一瞬で鹿島に逆転される」(『mydaily』)
 
 鹿島にとってはクラブ史上初、水原にとっては16年ぶりとなる決勝進出がかかった試合は「A代表の韓日戦のように盛り上がった」(『韓国日報』)と伝えられており、ファーストレグで水原のイム・サンヒョプに頭突きを見舞ったクォン・スンテに対し、水原サポーターがブーイングを浴びせたことも、「“ブーイング90分”クォン・スンテ、“申し訳ありません”とだけ残して去った」(『イルガンスポーツ』)などと取り上げられている。
 
 試合内容を詳しく報じるメディアも多い。
「冷静だった鹿島と浮かれた水原、この差が勝負を左右した」と題した『FOOTBALLiST』の記事は、「水原は1点リードされるなか後半開始と同時に15分間メラメラと燃え上がり、一気に3点を返した」と報道。「しかし、両チームの危機管理能力の差が勝負を分けた」として、「水原は試合終盤での集中力欠如という慢性的な弱点をまたも露呈した。気を緩めることなく冷静なカウンターから2点を奪った鹿島とは対照的だった」としている。
 
「2試合で6失点…水原は決勝に行く資格がなかった」とヘッドラインを置いたのは、『スポーツ・ソウル』だ。記事は、この日の試合は両チームともに攻撃的な布陣で臨んだとしながら、「1点リードされた水原は、後半序盤の8分間に3点を奪い、試合のムードを完全にひっくり返した。試合開始6分で2点を奪ったファーストレグと似た展開だった」とし、「ビッグバード(水原ワールドカップ競技場の愛称)は熱狂したが、鹿島は諦めなかった。結局、ファーストレグと同じように試合終盤に両チームの明暗が分かれた。水原は同点に追いつかれ、最後に笑うことはできなかった」として、次のように綴っている。
 
【関連記事】
「カシマの突風にやられた!」「沸騰した窯だ」韓国最大紙が“水原の死闘”を褒め称える
「彼らは2度も蘇り、勝利を手にした!」FIFA公式が初のACL決勝進出を決めた鹿島の”底力”を称賛
【ACL採点&寸評】水原三星 3-3 鹿島|壮絶な撃ち合いに終止符を打ったブラジリアンがMOM!
【鹿島】「本当にエースっぽくなってきた」と昌子源も絶賛する鈴木優磨の充実ぶり
【鹿島】大ブーイングを響かせた水原三星サポに対し、クォン・スンテが示したある行動

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ