【鹿島】「本当にエースっぽくなってきた」と昌子源も絶賛する鈴木優磨の充実ぶり

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年10月25日

日向小次郎ばりの力強いドリブル突破

自身は無得点に終わるも、セルジーニョのチーム3点目をアシストした鈴木。貴重な働きでチームをファイナルへと導いた。(C)Getty Images

画像を見る

【ACL準決勝②】水原三星3-3鹿島/10月24日/水原
 
 一瞬、“日向小次郎”かと思った。
 
 38分のプレーだ。タッチライン際で相手を背負ってキープする。形勢としては不利だ。追い詰められたようにも見えたが、鈴木優磨はバックパスに逃げず、強引な反転で敵を振り切ってみせる。そのまま力強いドリブルでゴールに突進。最後はペナルティエリア付近でブロックされるが、その迫力ある突破は、日本で最も有名なサッカー漫画に出てくる人気キャラクターを彷彿させるものだった。
 
 それまでは何度も相手の執拗なチャージに遭い、ボールを失い、倒されることもあった。だからこそ、件のプレーには鈴木の意地やプライドのようなものが感じられた。
 
 前半の終わり間際にも、似たようなシチュエーションがあった。自らゴール前に仕掛けていったが、この時は横パスを選択。並走していた三竿健斗に預けようと試みるも、タイミングが合わず、シュートには至らなかった。個人的には、そのまま自分で勝負してほしかったが、周囲の味方を活かそうとする判断は悪くない。
 
 アウェーでの水原三星とのACL準決勝第2レグで、鹿島は一時、1-3と厳しい状況に追い込まれた。だが、驚異の反発力を示し、2点差を追いついて、3-3の引き分けに持ち込んでみせる。この結果、3-2で勝利したホームでの第1レグと合わせ、2戦合計6-5とし、初のファイナル進出を果たした。
 
 壮絶な打ち合いとなった敵地での戦いで、鈴木は3ゴールのうち、セルジーニョが叩き込んだチーム3点目をアシスト。エリア内でタイトなマークを受けながらも、素早い身のこなしで近くにいるセルジーニョに正確なパスを供給した。
 
 自身はノーゴールに終わったが、貴重な働きぶりを示した。3-3で迎えた終盤、敵陣のサイドでボールを収めれば、無理に攻め込まず、時計の針を少しでも進めようとコーナー付近でキープ。相手の足を狙ったキックでCKを取るなど、些細なことかもしれないが、勝つために必要なことを徹底する。ゴールへの欲望むき出しのギラギラ感を放ちつつ、クレバーな振る舞いも板についてきた印象だ。
 
「いろんな選手が、いろんなことを言えるようになってきている」
 
 試合後、チームメイトの積極的な姿勢に言及した昌子源は、とりわけ鈴木のことは頼もしく思っているようだ。
 
「特に、優磨なんて、勝ちたい気持ちを前面に出すけど、口でもしっかり言うし。本当に、エースっぽくなってきた。誰がどう見ても、間違いなく、うちのエースはあいつ」
 
 アジア王者のタイトルを賭けたファイナルの舞台では、自身が最も欲するゴールという結果で栄冠をもたらしたい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】鹿島アントラーズを応援する美女サポーターたち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ