【鹿島】大ブーイングを響かせた水原三星サポに対し、クォン・スンテが示したある行動

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年10月25日

実に紳士的で、相手をリスペクトするような振る舞いだった

敵地での第2レグでは痛烈なブーイングが届いたが、クォン・スンテは最後まで集中を切らさず、いくつかのビッグセーブでチームを救った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

【ACL準決勝②】水原三星3-3鹿島/10月24日/水原
 
 試合が始まってしばらくして、“異変”に気づいた。鹿島のGKクォン・スンテがプレーに関与するたびに、水原三星のサポーターが陣取るエリアから重低音のブーイングが響く。
 
 自分たちよりもリーグの優勝回数が多い元全北現代の選手だからか、あるいは第1レグでの行為――自陣ゴール前での激しい攻防を巡り、相手選手に詰め寄って頭突きをするような仕草を見せる――が許せなかったのか。その理由は分からないが、とにかくクォン・スンテは“標的”にされていた。
 
 厳しいアウェーの環境のなか、それでもクォン・スンテは落ち着き払ったプレーで前半を無失点に抑える。そして、エンドが代わる後半。ハーフタイムが終わり、クォン・スンテが自分の持ち場へと向かう。ゴールの裏には、水原三星のサポーターたちがいる。やはり、特大のブーイングが聞こえてくる。
 
 その時、クォン・スンテは掲げた手を静かに二度、合わせて、水原三星サポーターに向かって、丁寧にお辞儀をした。
 
 それがどんな意味を持っていたのかは、本人に話を聞くことができなかったので知る由もないが、少なくとも嫌みな感じはまったくなく、実に紳士的で、相手をリスペクトするような振る舞いだった。
 
 後半は水原三星のサポーターの目の前で3失点を喫し、精神的に辛かったかもしれない。だが、セービングがブレるようなことはなく、最後まで集中を切らさず、いくつかのビッグセーブで致命傷になりかねない4失点目を与えなかった。
 
 タフなゲームだったが、強靭なメンタルを持つ守護神の奮闘がなければ、鹿島のファイナル進出はならなかっただろう。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】鹿島アントラーズを応援する美女サポーターたち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ