【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|東福岡編

カテゴリ:高校・ユース・その他

平野貴也

2014年07月07日

個々の能力は高いものの、いまだ十分に生かし切れず。

東福岡
所在地:福岡県福岡市博多区東比恵2-24-1
創立:1955年 創部:1970年
主なOB:長友佑都(インテル)、古賀正紘(福岡)、本山雅志(鹿島)、千代反田充(徳島)など。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 東福岡は、今シーズンも破壊力のある攻撃でWESTの上位を狙っている。
 
 長身で正確なボールコントロールを見せるキャプテンのMF中島賢星がチームの中心となり、スペースへ飛び込むプレーに迫力のあるFW木藤舜介、相手を弾き飛ばすような突破が魅力の右ウイングの増山朝陽、巧みなつなぎを見せる左ウイングの赤木翼と、個性溢れるアタッカーを操る。他にも、推進力のある藤井慶樹らがおり、攻撃の駒は実に豊富だ。
 
 とりわけ、中島を経由したビルドアップから、3トップへつないで敵の守備を脅かし、バイタルエリアで再び中島が攻め上がってシュートを狙うような場面が生まれると、ゴールの可能性が高まる。プレミアWESTでは開幕のC大阪U-18戦と3節のG大阪ユース戦を落としたが、4節からは3連勝。勝った試合は、いずれも3得点以上という破壊力を示した。
 
 しかし、7節は、5勝1分けの無敗で首位に立つ名古屋U18を相手に、カウンター狙いで臨んだものの、攻勢に立った序盤に得点できず、逆にペースを奪われての敗戦。中島は「周りを使って攻撃を組み立てて、自分もゴールに絡むのが理想。それができれば、周りの選手も生きてくる。今日は攻撃陣の距離が空いてしまい、いつもと同じ攻撃はできなかった。でも、自分が上がり切れるようになることもひとつの課題なので、飛び込んでいきたい」と反省点を挙げた。

現役時代は全日空や福岡でプレーした森重潤也監督。コーチを経て2002年に監督に就任した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 個々の良さを生かし切れていないところに歯がゆさがある。森重潤也監督は、連係面の修正を今後の課題に挙げ、次のように語っている。
 
「最後に(中島)賢星がゴール前でシュートを打つ場面があったし、東山戦では実際に得点も奪った。あとは、チームでその形をどれだけ増やせるか。最後の決定的な仕事に結び付けられるかが問題。もう少しチームプレーを大事にして、ストロングポイントをつなぎ合わせられれば良い」
「賢星も自分でやろうとし過ぎるところがある。サイドに関わるのではなく、そこは良い意味で味方に任せて、最後に仕事をすれば良い。そういう意味では少しずつの変化でチームとして伸びる要素はあると思う」
 
【U-18プレミアphoto】7節[WEST]名古屋U18 対 東福岡
【関連記事】
【2014南関東総体】 男女全71校のレポート記事を掲載!
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|柏U-18編
【2014南関東総体】代表校の強さの秘密を探る|群馬・前橋育英
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|清水ユース編
【2014南関東総体】代表校の強さの秘密を探る|大阪桐蔭
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|名古屋U18編

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ