【J1採点&寸評】G大阪1-1鹿島|ツネ新監督が巧みな手綱捌き。MOMは鹿島が誇る20歳の大器CB!

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年07月29日

G大阪――抜擢された高はJデビュー戦で及第点の出来

【警告】G大阪=三浦(56分)、高(64分)、ファン・ウィジョ(68分) 鹿島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】町田浩樹

画像を見る

[J1リーグ18節]G大阪1-1鹿島/7月28日/吹田S
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 6

攻守両面で終始アグレッシブな姿勢を貫いた。球際の激しさ、ダイレクトパスの多用、さらには遅攻・速攻の効果的に使い分けるなど前政権からの変化が顕著に。
 
【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6

失点のシーンはやや不運。鹿島自慢のセットプレーにも上手く対応し、素早いリスタートを心掛けては攻撃の起点となった。
 
DF
22 オ・ジェソク 5.5

申し分ない運動量で守備の引き締めにひと役も、攻撃面ではいまひとつ右サイドを突き崩せなかった。先制された場面では犬飼のマークに付き切れず。
 
5 三浦弦太 6
ボランチ高への声掛けなど周囲を巧みに使い、カバーリングの意識が高かった。もっとサイドチェンジのパスを狙ってもよかった。
 
3 ファビオ 5.5
高い位置への追い込みや時折見せる攻撃参加は目を引いたが、失点の場面で町田のマーキングを徹底できなかったのが手痛い。
 
6 初瀬 亮 5.5
左サイドで貪欲に敵陣に踏み込んだが気迫が空回り。裏を頻繁に狙われるなど、所々で危うい守備対応を強いられた。
 
MF
7 遠藤保仁 6

運動量が少ないという批判はこの試合には当てはまらない。激しく身体を寄せて広範囲をカバーし、新人の高を手厚くサポートした。
 
22 高 宇洋 6
プロデビュー戦で及第点の出来。序盤こそ緊張で動きが硬かったが、次第に強烈な単独プレスを決めてリズムに乗る。フィルター役として十分機能。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ