【U-18プレミアリーグ】序盤戦ベストプレーヤー10選|WEST

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2014年05月20日

首位・名古屋の快進撃を牽引するエースの活躍

WEST首位の名古屋の攻撃陣を引っ張る桜井。ここまで3得点をマークしている。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 高円宮杯U-18プレミアリーグは、5月11日までにEAST、WESTともに5節を消化。EASTは、清水ユースが5連勝と圧倒的な強さを見せつけ、2位の柏U-18に勝点5差をつけ首位を走る。一方のWESTは、勝点3差の中に、名古屋U18、C大阪U-18、G大阪ユース、広島ユースのJクラブ勢4チームがひしめき合う混戦模様となっている。今回は、序盤戦のリーグで輝きを放った注目の選手たちを、EAST、WEST両リーグから10名ずつピックアップ。現場で取材を続けてきたライターの安藤隆人氏と森田将義氏がその活躍ぶりを紹介する。
 
――◆――◆――◆――
[WEST編]
 
FW
桜井 昴(名古屋U18/3年)
守備の主役が小島なら、攻撃の主役は開幕から3ゴールと絶好調のエースだ。上手さと強さを前面に、ゴールに突き進む華のあるアタッカーでありながら、自らを「ハードワークしたり、周囲を使うタイプ」と評するように、チームプレーに徹することもできる。

攻撃面での能力を開花させたC大阪U-18の前川。迫力あるドリブル突破でゴールに向かう。 (C) SOCCERDIGEST

画像を見る

FW
高木彰人(G大阪ユース/2年)
スペースへの飛び出しと、相手をなぎ倒す力強い突破が光るFW。前線からの守備も厭わない姿勢で、攻守両面での貢献度が高い。「得点王になりたい」という貪欲な姿勢を見せ、ここまで5ゴールを奪い、得点ランクのトップを走る。
 
FW
加藤陸次樹(広島ユース/2年)
スペースへの果敢な飛び出しから、ここぞという場面でゴールが奪えるFW。「サッカーに集中できる環境が良かった」と、地元・埼玉から進んだ広島ユースで守備意識と運動量が向上。ここまでチームトップの3ゴールを挙げている。

MF
前川大河(C大阪U-18/3年)
中学時代は無名だったが、高い技術力を見出され、高校からC大阪に加入。「高校に入り、前を向くプレーが増えた」と本人も実感しているとおり、その能力を実戦でも発揮し始めた今シーズンは、従来のパスセンスに加え、得点意識も高まりつつある。
 
MF
仲原潤也(C大阪U-18/3年)
166センチと小柄ながら、当たりの強さと気の利いたポジショニングでピンチの芽を摘み取るタフなボランチ。奪ってからは的確な散らしで攻撃の起点としても機能する。開幕から好調なチームを攻守両面で牽引する存在だ。

【U-18プレミアphoto】 序盤戦ベストプレーヤー10選|WEST
 
【関連記事】
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|清水ユース編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|鹿島ユース編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|京都橘編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|京都U-18編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|神戸U-18編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|名古屋U18編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|東京Vユース編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|市立船橋編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|青森山田編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|流経大柏編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ