【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|鹿島ユース編

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2014年05月13日

熊谷監督が求めるファイティングスピリット

鹿島ユース
チーム拠点:鹿島アントラーズクラブハウスグラウンド
茨城県鹿嶋市栗生東山2887
クラブ創立:1947年(前身:住友金属工業㈱蹴球同好会)
主なOB:曽ケ端準、野沢拓也、川俣慎一郎、土居聖真、宮内龍汰、小泉勇人(いずれも鹿島)など。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 昨年まで3年に渡って指揮を執っていたブラジル人のキッカ監督から今年、これまでユースコーチを務めていた熊谷浩二氏がバトンを受け、新監督に就任した。
 
「キッカ監督が3年間やってきたことを継続しながらやっていきたい」と熊谷監督が語るように、攻撃的で常に前を狙うサッカーは継承しながらも、そこに『力強さ』というプラスアルファを植え付けようとしている。
 
「練習は去年までよりキツくなっています。練習中の雰囲気も熊谷監督になってから、かなりピリピリしている。熊谷監督は激しく戦うことを求めていて、練習中の球際も激しくなっているし、『もっと戦え』とよく言われます。でもそのおかげで、去年より前へ前へという意識は強くなっていますね」
 
 こう証言するのは、2年生MFの垣田裕暉だ。現役時代はトップチームで116試合に出場、2000年度の三冠達成時の主軸でもある熊谷監督は、鹿島で培われたそのファイティングスピリットをユースに還元すべく、選手たちには戦うことを厳しく要求している。

現役時代は三冠獲得に貢献するなど、鹿島の主軸を担った熊谷監督。今シーズンからユースを率いる。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「よりアグレッシブに、攻撃時はそれぞれの持ち味を出してほしい。ただ守備はしっかりと意識を持ってハードワークしていく」
 
 今年のチームは攻撃のインセンティブを保ちながらも、守備では相手の布陣に合わせて、長所を消すやり方にトライしている。基本的にはマンツーマンで相手に自由を与えず、激しいプレスと球際でボールを奪い取ったら、一気に前線に展開してドリブルなどを駆使して攻め込んでいく。チームとしての方向性が明確に打ち出されたサッカーだ。
 
 3年生の怪我もあり、チームは2年生が主体となっているが、最前線にはフィジカルが強く、ポストプレーが巧い3年生のFW鈴木優磨が構える。この鈴木をターゲットに、技術の高い色摩雄貴、田中稔也、吉岡樹利也という2列目の2年生アタッカーが一気に飛び出して、分厚い攻撃を仕掛ける。
 
 ボランチは戦術眼の高い2年生MFの平戸太貴がバランスをとり、最終ラインは昨年から主力としてCBを務める寺門宥斗と187センチの高さを誇る2年生DFの町田浩樹が統率する。大里優斗と宮本健太の両SBも2年生で、彼らが積極的な攻撃参加を見せ、アタッカー陣をサポートする。
 
 開幕から5試合を消化し、ほぼ同じメンバーで戦っているが、成績は1勝2敗2分けと黒星が先行している。だが、結果とは裏腹に、内容的にはチームは着実な成長を見せている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ