フローニンゲン堂安律が明かす「好調の要因」と「ハリルジャパンへの想い」

カテゴリ:海外日本人

中田徹

2017年10月16日

「あいつに出せば何かが生まれる、というプレーができている」

試合を重ねるごとに自信を深めている印象の堂安。AZ戦でもPKを奪取し、チーム唯一の得点に絡んだ。(C)Getty Images

画像を見る

 オランダ1部リーグ、フローニンゲンの堂安律が好調だ。
 
 公式戦で2試合連続ゴールを決めている堂安はアーネスト・ファーバー監督とチームメイトからの信頼をしっかり掴み、国際マッチウイーク明けのAZ戦(8節)でも52分にPKを奪取、ミムン・マヒ―のゴールに絡んでみせた。
 
 1-1のドローに終わった試合後、堂安はPK奪取のシーンに好調の秘密があると明かした。
 
「パスを受けてからの反転とかは、すごいスムーズに行けたのでイメージ通り。『ディフェンスが来るだろうな』という意識がありました。相手が完全に押してきたのでシミュレーションでも何でもないです。好調の要因はその“冷静さ”なのかなと思います。(ペナルティーエリアの中にいる堂安に対して)そこに味方がパスを出してくれるようになっている。信頼を完全に得たのかなと思います」
 
 残念だったのは86分、幻の決勝ゴールだ。味方がハーフウェーラインからヘッドで前線に送ったボールを、堂安が頭で突いてキーパーを交わし、AZゴールにシュートを流し込む。しかし近くにいたマヒーがオフサイドを取られ、ノーゴールと判定されてしまったのだ。
 
「仕方ないですね。文句なしに決められるようにしたい。前半もシュートのチャンスが何回かありましたし、ああいうところで決められたら文句はない。だけど、ここ3試合連続で出ていて、得点には全部絡めています。全部、自分から攻撃が始まっている、というイメージでいたいです。『あいつに出せば何かが生まれる』というプレーが、ここ最近できていると思います」
 
 この日の堂安は、ドリブルの推進力にも目を見張るものがあった。相手に身体をぶつけられても、ゴリ、ゴリ、ゴリと音が聞こえてくるような迫力で、堂安は相手に身体を逆にぶつけ返し、前へボールを運んでいった。
 
 試合前、堂安は首脳陣から「ユー・アー・ストロング。お前は、身体が強いから前でボールをキープしてくれ」と言われたという。そこからのアクションを虎視眈々と、堂安は狙っていた。
 
「PKをもらった時のように、どこかで隙を見て入り込んでいく。自分の特徴であるドリブルも局面局面で出せているので、良くなってきてると思います。前半のような『(前へ)持っていくドリブル』とかが、自分の特徴。今日は2、3回ぐらいできました。手応えありの試合です」
【関連記事】
「ブレーキをかけるのは難しい」一発レッドの原口元気にヘルタ指揮官はなんと?
日本代表復帰の可能性、内田篤人が注目発言「みんなと状況が違いすぎる。ただ…」
「30万ユーロというバカげた移籍金でやって来た」エイバル乾貴士を全国紙が特集!
堂安律が電光石火の移籍後初ゴール!「得意な形。頭をバンバン叩かれました」
宇佐美貴史を「フォルトゥナのキングだ」と地元紙が称賛! いったいなんのこと?
「なんて愚かな行為」「試合を壊した」一発退場の原口元気を独メディアが糾弾!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ