日本代表復帰の可能性、内田篤人が注目発言「みんなと状況が違いすぎる。ただ…」

カテゴリ:海外日本人

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年10月16日

ユニオン・ベルリンに日本サッカー協会からレターが──。

「チャンスが来れば、やれると思う」と、内田はピッチに立つことを渇望している。(C)Getty Images

画像を見る

[ブンデスリーガ2部 10節]レーゲンスブルク 0-2 ユニオン・ベルリン/10月15日/コンチネンタル
 
 ユニオン・ベルリンのDF内田篤人が、日本代表招集の可能性があるというレターが日本サッカー協会からクラブに届いていることについて、「(怪我により長期に渡り離脱していた)僕はみんなと状況が違いすぎるから」と言及。また、コンディションについて、「(怪我から復帰して)この1年練習を積んできている。キッカケさえ掴めればやれる」とピッチに立つことへの渇望を示した。
 
 日本サッカー協会が、前回に続き11月のベルギー&ブラジル戦で、内田の招集の可能性があるというレターをユニオン・ベルリンに送っていることが判明。今回は貴重な欧州シリーズとあって、来年のワールドカップ本番を見据え、状態などを把握するためメンバー入りすることもあり得る。
 
 10月15日のブンデスリーガ2部・10節のレーゲンスブルク戦、内田はベンチ入りしたものの、出場機会は得られなかった。試合はユニオンが2-0で快勝し、3位の座をキープした。
 
 チームが好調を維持しており、先発メンバーは固定されている。そのためなかなか出場機会を得られずにいる(リーグ3試合出番なし)内田だが、溢れる意欲と強い覚悟を示していた。
 
「シャルケでの最初の頃もそうだったが、1試合、2試合と出られればコンディションは変わる。ベンチから見ていても、自分が入ればやれるイメージはある。試合に出たい。特に(まだ公式戦では立てずにいる)ホームでね」
 
 現状打破へ、なにかキッカケを求めている。試合に出たいという飢餓感は相当だ。内田とチームに刺激を与えるため、果たしてヴァイッド・ハリルホジッチ監督から声は掛かるのか――注目だ。
 
取材・文:塚越 始

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ