「なんて愚かな行為」「試合を壊した」一発退場の原口元気を独メディアが糾弾!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月15日

イライラを募らせて相手FWに強烈なタックルを…

シャルケFWに危険なタックルを仕掛ける原口。このプレーで一発退場となり、チームは完敗。悔やんでも悔み切れない過失となった。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表MFの原口元気が、一発レッドを食らった。
 
 10月14日のブンデスリーガ8節、ヘルタ・ベルリン対シャルケ04の一戦。実力拮抗の攻防戦を繰り広げていた両者だったが、44分に分岐点が訪れる。原口が相手FWギド・ブルグシュタラーに足の裏を見せるハードタックル。右足首を激しく削れられたオーストリア代表ストライカーは大声を上げて倒れ込んだ。
 
 主審は迷わずレッドカードを提示。直前のテレビ映像では、なかなかいい形でボールを受けられず、イライラを募らせて大きなジェスチャーをする原口の姿が……。情状酌量の余地がないラフプレーだった。
 
 試合は後半に2点を奪われ、ヘルタは完敗。老舗サッカー専門誌『KICKER』は「試合を壊してしまった。10人になったヘルタは後半頭から2選手を投入したが、シャルケの後塵を拝した」と報じ、全国スポーツ紙の『BILD』は「なんて愚かな行為か! 完全に遅れたタックルで、ブルグシュタラーが大事に至らなかったのは幸いだった」と断じた。
 
 前節のバイエルン・ミュンヘン戦では圧巻の3人抜きで同点弾をアシストし、この日2戦連続スタメンを飾った原口。せっかくの良き流れを断ち切る、軽率なプレーだった。
 
【関連記事】
「ブレーキをかけるのは難しい」一発レッドの原口元気にヘルタ指揮官はなんと?
ドイツ紙が原口元気ともう一人の日本代表に“異例”の最低点「6」
フローニンゲン堂安律が明かす「好調の要因」と「ハリルジャパンへの想い」
宇佐美貴史を「フォルトゥナのキングだ」と地元紙が称賛! いったいなんのこと?
ヘルタの選手&スタッフ全員が「片膝つき」で人種差別とトランプ大統領にNO!
悲劇のビデオ判定、ケルン大迫「機械に裁かれている感じがする」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ