宇佐美貴史を「フォルトゥナのキングだ」と地元紙が称賛! いったいなんのこと?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月13日

ブンデス2部でその“数”は堂々のトップ10!

新天地フォルトゥナで4戦2発と上々のスタートを切った宇佐美。今後さらにフォロワー数が増えそうだ。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツ・デュッセルドルフの地元紙『Rheinische Post』が、ブンデスリーガ2部におけるユニークなランキングを集計した。選手たちのソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)のフォロワー数だ。ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどを合算した総数である。
 
 サッカー界で世界一を誇るのはレアル・マドリーのFWクリスチアーノ・ロナウドで、その総フォロワー数は驚愕の3億人! 同紙は「いまやSNSはプロフットボーラーにとって自身の価値を高める格好のツールになっている」と説明し、2部の選手別ランキングを発表した。
 
 ブンデス2部の1位は、アメリカ代表でグロイターフュルトに所属するMFジュリアン・グリーンで、フォロワーは約60万人を獲得。2位は元ドイツ代表の“お騒がせ男”ことMFケビン・グロスクロイツだ。こちらは約52万人にフォローされているという。
 
 同紙が注目したのはもちろん、お膝元のクラブであるフォルトゥナ・デュッセルドルフの選手たち。チーム内トップで、2部で堂々トップ10に食い込んだのが宇佐美貴史だ。こんな注釈が記されている。
 
「フォルトゥナにおけるSNSのキングはタカシ・ウサミだ。彼は主にインスタグラムを活用しているが、そのフォロワー数は12万5395人。スシなどの食事やファンとの交流、家族との貴重な写真などを日々発信している。日本ではインスタグラムがよりポピュラーなツールなのだ」
 
 そのほかのフォルトゥナの選手では、FWベニト・ラメンが13位 (4万5666人)、DFジーン・ジマーが21位(3万4868人)、そしてGKアンドレ・ホフマンが31位(2万5117人)にエントリー。同紙は「トップ50にフォルトゥナから4選手が入った」と健闘を称えている。
 
 さらにクラブ別のSNSフォロワー数で見ると、2部の1位にザンクトパウリ(87万366人)、2位にニュルンベルク(63万3327人)、そして3位にはフォルトゥナ(38万2200人)がランクイン。ちなみにこちらも世界一はR・マドリーで、総フォロワー数はおよそ1億8500万人にのぼる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ