【鈴木啓太×岩政大樹|後編】森脇の不適切発言にも言及。日本サッカー界は、どう変わるべきか?

カテゴリ:連載・コラム

岩政大樹

2017年06月20日

森脇の行動は反省すべき。もうひとつの意見として、小笠原さんの立場なら…。

浦和対鹿島戦で起きた森脇の不適切発言にも言及した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

<<前編はこちら>>
 
<<中編はこちら>>
 
岩政大樹 鈴木さんは腸内フローラの解析事業を立ち上げて、去年は岡山まで説明に来てくれました。事業のほうは順調ですか?
 
鈴木啓太 今は割と研究ベースでやっていますが、これからもう少し掘り下げて成果を出していきたいなと。今の会社は、自分が現役次代に経験したコンディショニングのなかで大事だなと感じたことと、タイミングやいろんなものがマッチして始めました。
 いろんなエキスパートが集まっているからすごく楽しいですが、ベンチャーなのでヒリヒリもしています。ただ、この会社だけでなく、アスリートのためになることだったら、なんでもやっていきたいと思っているんです。
 
岩政 アスリートのためにできることはいろいろあると思いますが、今の段階で言える構想はありますか?
 
鈴木 サッカー界から少し離れて、いろいろなアスリートがいることに気付きました。僕たちがサポートしてるアスリートにも、すごくマイナーなスポーツに取り組んでいる人がいるんです。でも、その選手たちは自分のコンディショニングのために必死で考えているし、何か助けを求めている。それ見た時に、何らかの形で応援したいなと思いました。
 例えば、サポーター同士の交流ができないかなと考えています。サッカーを応援する1万人の1パーセントでもスケルトンに興味を持ったらすごいことになる。それに、アスリートの横のつながりを生かして、他のスポーツの凄さを紹介するのも面白いですね。そういった仕組みが作れたら、スポーツ界全体が盛り上がっていくと思います。
 
岩政 先月、大きな話題になった鹿島と浦和の試合がありました。森脇選手が不適切発言で2試合出場停止になった件です。あれはどう見ていましたか?
 
鈴木 デリケートなところに行きますね。誤解が生まれないように、ちゃんと編集をお願いしますよ(笑)。
 
岩政 しっかり編集しておきます(笑)。
 
鈴木 まず大前提として、森脇の行動は反省すべきだと思っています。ああいう行動はすべきではなかった。もうひとつの意見として、小笠原さんの立場なら、他にもやり方があったかもしれないと思いました。例えば、メディアの前で発言する前に、森脇をロッカールームに呼んで話すこともできましたよね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ