【鹿児島】鹿実出身の松下、上本ら獲得し戦力充実!三浦泰年監督が語ったJ2昇格への展望と課題とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年02月17日

躍進を遂げた北九州時代の教え子だった登尾GMとタッグを組む。

三浦泰年新監督と鹿児島の「熱」が呼応し、開幕に向けて気運を高めている。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグ加入2年目の鹿児島が、新たに三浦泰年監督を迎えて、J2昇格を目指し船出する。鹿児島実業の卒業生でもあるG大阪や仙台での実績十分なMF松下年宏、大分や仙台の黄金期を支えたDF上本大海が加わるなど、メンバーも充実した。
 
 ニューイヤーカップでは若手主体の磐田に互角以上の戦いを見せ、熊本には痺れる展開で勝利を収めた。現在改修中の鴨池陸上競技場などスタジアム基準に関する課題は残すものの、この勢いを「J2昇格」に結び付けられるか。
 
 鹿児島とのつながり、就任からのチーム作りの手応え、そして新シーズンに向けた決意――三浦監督に話を訊いた。
 
 
――まず、鹿児島との縁は?
 
「監督になる以前、解説者として5年連続でキャンプレポートのため、鹿児島には来ていました。それからアビスパ福岡のチームメイトであり、鹿実(鹿児島実業)時代に全国制覇を成し遂げている久永(辰徳)の仲人を務めさせてもらい、結婚式のため鹿児島に来たこともあります。そのホテルが現在、鹿児島ユナイテッドが使わせてもらっているところなんです(笑)。
 
 あとは鹿実が二度目の全国制覇をした際の祝賀パーティーに招待していただいたり、清水エスパルスの強化部時代からの付き合いがあった岩下敬輔の結婚式に出席したり……慶事ばかりで、いろいろな良い縁を感じています。もちろん鹿児島で生活するのは初めてですが、見知らぬ街に来たという感じがしませんね」
 
――就任までの経緯は?
 
「シーズン終了後、ゼネラルマネジャー(GM)の登尾(顕徳)から『今後のことについて話をさせてほしい』と声を掛けてもらいました。その席で、クラブの明確なビジョンとコンセプトについて、そしてなぜ私を監督として必要としているか、そういった説明を受けました。
 
 北九州時代に監督と選手という間柄だった登尾がGMだったこともあり、先に見据えるものを共有しやすく、ビジョンもはっきりと見えました。登尾は鹿児島出身で、このクラブに懸ける情熱も伝わってきました。すぐに、とても前向きになれる環境だと思いました」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ