【セルジオ越後】ビデオ判定の導入は主審のレベル低下につながりかねない

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年12月17日

主審以上に決定権を持った人間が増えたとも言えるよ。

映像の再検証で正しい判定が下されるかもしれない。ただ、それによって主審の責任が薄れる懸念もある。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今年のクラブワールドカップでは、FIFA主催の国際大会としては、初めてVARs(ビデオアシスタントレフェリー)が導入されて、実際にそのVARsによってPKの判定が下されたね。
 
 サッカーの歴史上において初めてのことが起きたのは、アントラーズとナシオナルの準決勝だった。
 
 前半も30分に差し掛かろうとした時、アントラーズのセットプレーでボールがゴール前に供給されると、西がペナルティエリア内で相手DFに倒された。これはそのまま流されたけど、数分後、VARsが主審と連絡を取って試合が一時中断される。
 
 主審はバックスタンド側にあるモニターで映像を確認。件の接触がファウルであったとジャッジして、アントラーズ側にPKを与えた。これを土居がきっちりと決めて、アントラーズが先制することに成功したというわけだ。
 
 最終的な判断を下したのは、主審であるのは間違いない。でも、その主審はVARsの指示によって、ゲームを止めたんだよね。考えようによっては、主審以上に決定権を持った人間が増えたとも言えるよ。
 
 こうなってくると、主審の責任が薄れていく懸念が出てくる。疑わしいけど、自信がないから笛を吹かない。もしその判断が間違っていても、後でVARsが再検証してくれる――。
 
 これが日常化すれば、主審のレベルは落ちていくんじゃないかな。その程度の責任しか問われないのなら、ハッキリ言って、僕でもできるよ。ビデオ判定に委ねるということは、問題のシーンを見逃しているわけだ。それなら誰がやっても一緒。あの人は国際審判員だからとか、そういったステータスも意味がなくなるよね。
 
 いろんなメディアでビデオ判定について議論されているようだけど、主審や副審にぜひインタビューしてほしいね。この制度は本当に役に立つのか、ひとつでも誤審がなくなる助けになるのか、そしてあなたたちのプライドは傷つかないのか、とね。

【クラブW杯PHOTO】鹿島が南米王者アトレティコ・ナシオナルに完封勝利! アジア勢初の決勝進出!

【PHOTO】クラブW杯を彩る美女サポーターたち♥
【関連記事】
ジダン監督も「ビデオ判定」に否定的。長旅、時差ボケで調整に苦しむも「モチベーションは良かった」
石井監督がビデオ判定に私見「ゲームの流れが止まってしまうが…」
ビデオ判定は「あくまでオプションに過ぎない」とFIFA責任者がコメントも、選手たちは「もはやサッカーではない」と困惑
自らのキックでPKを呼び込んだ柴崎が「ビデオ判定」に抱いた感想とは?
ビデオ判定についてナシオナルのウリベ「もはやサッカーではない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ