ビデオ判定は「あくまでオプションに過ぎない」とFIFA責任者がコメントも、選手たちは「もはやサッカーではない」と困惑

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月15日

審判委員長は「テクノロジーが機能した」と称える。

ビデオ判定により、鹿島にPKが与えられた世界初の事象は海外メディアでも大きく取り上げられた。 Photo by Shaun Botterill - FIFA/FIFA via Getty Images

画像を見る

 クラブワールドカップ準決勝で鹿島アントラーズは、南米王者のアトレティコ・ナシオナルから3点を奪って、3-0と快勝し、夢の決勝へと駒を進めた。
 
 アジア勢初の決勝進出とともに、この試合で大きな話題となったのは審判の判定だ。
 
 27分、鹿島が得たFKの場面で、ボックス内で西大伍が倒されたがプレーは続行された。しかし、主審のヴィクトル・カッサイは、28分に試合を中断し、ビデオでリプレイ映像を確認し、鹿島にPKを与えたのだ。これを土居聖真が難なく決めて、鹿島が流れを大きく引き寄せた。
 
 試合後、土居は「どの場面を判定しているのか分からなかった」と語り、一方のナシオナルの面々は「もはやサッカーではない。これによって全てが変わってしまう」(マテウス・ウリベ)、「テクノロジーの被害者になってしまった」(レイナルド・ルエダ監督)とやりきれない思いを口にした。
 
 サッカーでは世界初の“判定”に対してFIFAの審判委員長であるマッシモ・ブサッカ氏は『FIFA.com』にて、「今日の判定の場面で、主審とビデオ副審のコミュニケーションは明確なものだった。最終的な判断は主審が下したが、テクノロジーはしっかりと機能していた」と新たな試みを称える発言をしている。
 
 さらにサッカーのルールの制定などを行なっているIFABのテクニカルディレクターを務めるデイビッド・アーリー氏は「我々が世界のプレーヤーとコーチから受け取っているメッセージはその試合の主審が判定の最終決定者であって欲しいということ。ビデオ判定はあくまでオプションに過ぎない」と語り、ビデオ判定があくまで主審のサポートであることを強調した。
 
 世界中のメディアが大きく取り上げたビデオ判定。当事者である選手やコーチたちから戸惑いの声が上がっている以上は、何らかの改善や議論の余地がありそうだが、いずれにしてもサッカーそのものを大きく変えるシステムになっていきそうだ。

【PHOTO】クラブW杯を彩った世界中の美女サポーター♥

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ