• トップ
  • ニュース一覧
  • 【CS決勝第2戦|採点&寸評】浦和×鹿島|金崎が“王者”の輝きを放つ2ゴール。一方、PK献上、パワープレー不発の槙野に最低点

【CS決勝第2戦|採点&寸評】浦和×鹿島|金崎が“王者”の輝きを放つ2ゴール。一方、PK献上、パワープレー不発の槙野に最低点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年12月03日

浦和――普段よりも前掛かりで先制点を奪えたが、さらにペースを上げて……。

【警告】鹿島=遠藤(29分)、永木(54分) 浦和=槙野(78分)、ズラタン(82分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】金崎夢生(鹿島)

画像を見る

[Jリーグチャンピオンシップ決勝/第2戦]浦和×鹿島/2016年12月3日/埼玉スタジアム2002
 
【チーム採点・寸評】
浦和 5
柏木と阿部のボランチコンビが、普段よりも強く前へ行き、全体的に前のめりになった。その流れで先制ゴールを奪えたものの、さらに前掛かって、逆襲を食らってしまった。交代選手もリズムを代えられず、終盤の槙野のパワープレーは相変わらず不発。竜頭蛇尾の結末に。

【決勝PHOTOギャラリー】鹿島が逆転で7年ぶり8度目V!

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5
執拗な鹿島のサイドからの攻撃にも動じず、ボールを跳ね返し続けた。遠藤からの金崎のヘディング弾は、相手の技ありだったが、西川であれば止められたはずだ。狙いすぎのフィードミスも目立った。

DF
5 槙野智章 3.5
PKを与えてしまい、終盤のパワープレーも実らず。自身の間合いに持ち込んでのデュエルはとにかく強い。ただ2失点とも、相手の間合いに持ち込まれた時の危機回避力がほしい。何より、最も懸念された“空回り”を、まさかこの大一番でしてしまった。

6 遠藤 航 5
第1戦のように中央を固める“割り切った”守備ができず。リベロであれば、周りをコントロールする力も身に付けていきたい。

46 森脇良太 5
数的不利な状況を跳ね返すなどピンチに対処し、フィードも正確だった。膠着状態に陥った時のミドルは、数少ない期待できる武器だった。攻め上がってのボール逸から失点された。
 
MF
24 関根貴大 6(68分OUT)
アグレッシブに仕掛けて、右サイドを活性化させた。早々に交代したが、結果的には残しておきたかった……。

10 柏木陽介 5
苦戦の要因のひとつが、10番にしっかりボールが収まらなかったこと。ボールがない時にも常にスペースを埋め、強烈なプレッシングで起点を作らせていなかった。ただし、前へ向かう気持ちが強すぎて、ボールを落ち着いて回したり、相手をいなしたりして、ペースを掴めなかった。

22 阿部勇樹 5.5
スペースを埋めるなどピンチをよく凌いだ。一方、普段よりも縦にボールを運んだり、パスを出したりするシーンが多かった。もう少し“普段着”で、余裕を持ってボールを保持したかった。
【関連記事】
【セルジオ越後】制度的に穴だらけのCS。来年から廃止になって、選手も喜んでいるだろう
【鹿島】逆転優勝の舞台裏。柴崎岳が明かした浦和の弱点とは?「前には強いけど…」
【鹿島】年間3位からの王座も、小笠原 「1位で挑めればよかったが、ルールはルール、嬉しく思う」
【CS決勝】1失点はむしろ好都合? 昌子は「1点取られたことで、苦しくなったのは浦和さんのほうだった」
【CS決勝】金崎がPKキッカーを強奪!?「優磨(鈴木)には悪いですけど、もらいました(笑)」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ