【CS決勝】金崎がPKキッカーを強奪!?「優磨(鈴木)には悪いですけど、もらいました(笑)」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月03日

ダイビングヘッドとPKで2ゴールの金崎。チャンピオンシップMVPを受賞。

PKキッカーを巡って話し合う金崎(33番)と鈴木(34番)。最終的に金崎がキッカーを務めた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグチャンピオンシップ決勝の第2戦は、鹿島が2-1で勝利した。この結果、2戦合計2-2ながら、アウェーゴールルールで鹿島が優勝。第2戦で2点を決め、チャンピオンシップMVPに輝いた金崎夢生は、「最高の形で終われてメッチャ嬉しいです」と喜びを語った。

【決勝PHOTOギャラリー】鹿島が逆転で7年ぶり8度目V!
 
 金崎は1点ビハインドの40分、遠藤康のクロスをダイビングヘッドで沈めて1点目。そして79分、途中出場の鈴木優磨が獲得したPKを左隅に突き刺して2点目を挙げた。この2点目のPKキッカーを決める際に金崎と鈴木の間でやりとりがあったようだが、最終的には金崎が務めた。
 
 同じような場面が、J1第2ステージ13節の新潟戦でもあった。鈴木が獲得したPKを金崎が「譲って」と交渉してキッカーを務めた。今回の浦和戦でも同じように、金崎が”おいしいところ”を持っていた形だ。

 ただ、鈴木はわだかまりを持ってはいないだろう。優勝の喜びはそれを上回るものだし、なにより前述の新潟戦でも「あの人が取ればチームが乗る」とエースを認める発言をしている。
 
「優磨(鈴木)には悪いですけど、もらいました(笑)」
 
 茶目っ気たっぷりに、そう語った金崎。さらに、「優勝できて本当に嬉しいです。いろいろ1年間ありましたけど、良い形で終われて最高です」と優勝を嚙み締めた。

【CS決勝PHOTO】浦和×鹿島の美女サポーターたち♥
【関連記事】
【鹿島】年間3位からの王座も、小笠原 「1位で挑めればよかったが、ルールはルール、嬉しく思う」
【CS決勝】浦和 1-2 鹿島|年間3位の鹿島が逆転で7年ぶり8回目の優勝! アウェー得点数で上回る
【岡山】J1昇格まであと1勝。桃太郎のように勇敢に挑め!
浦和指揮官がコロコロ変わるJのいびつな大会方式に苦言。「しっかり検証し、公の場で話すべき」
【鹿島】いつもと変わらぬ前日の風景。「優勝確率0パーセント」でも柴崎岳に迷いはない

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ