【松本】「百戦錬磨の指揮官」反町康治の流儀――何度かこの仕事から足を洗おうと思ったことがある

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2016年07月27日

テーマ1:前半戦を振り返って――完成度を数字で示すなら60~70パーセントぐらいだろうか。

『サッカーダイジェスト』誌のインタビューを受ける反町監督。今季の戦いぶりや16年目に突入した監督生活について語ってくれた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグで采配を振るった試合は、気付けば500を超えていた。だが、百戦錬磨の指揮官はそうした数字に一切興味がなければ、来年のこともまるで考えていない。ただ「次の試合」だけを見据える反町康治監督が、今季の山雅の戦いぶりや日本サッカーの未来など、4つのテーマについて語った。
 
――◆――◆――
 
 昨年の課題や反省など、いろんなものを踏まえて、今年をスタートさせた。1か月半の準備期間で全部を壊して、ゼロからチームを作り上げることも考えていた。中盤をダイヤモンド型にした4-4-2に変えようか、と。理由は、日本であまり成功した例がないから。
 
 でも、1か月半ではやはり時間が足りなかった。それなら、半分を壊して新しくする。つまり、守備組織はあまりいじらずに、攻撃の部分に手を加える。トレーニングのウェイトも、守備6と攻撃4だったのを逆の割合にしてやってきた。
 
 攻撃面で強調したのは、相手陣内にどうやって入るか。つまりビルドアップだ。相手陣内でプレーするには、まずはそこに入る方法を考えなければならなかった。
 
 センターラインをどう越えるか。相手陣内に入った時、すぐに次のアクションを起こしたり、ラストパスを出せたりと、そういう状況を作りたかった。そのためには、ボールを浮かして運ぶより、グラウンダーでパスを通す、またはドリブルで入って行ければ、ルックアップした状態でスムーズに攻撃を仕掛けられる。
 
 形になるまでは多少、時間がかかったし、その分、序盤戦の成績はあまり良くなかった。少しずつ課題を消化していき、それと同時にやはり守備も改善せざるを得ない部分が出てくるなかで、ゲームを重ねながら、軌道に乗せてきた感じだ。
 
 やろうとしていることが整理されて、ボールを保持できる選手も増えたから、攻撃に強弱をつけられるようになった。サッカーがグレードアップしたというか、する必要があった。そうでなければ、俺が監督を続けている意味がないから。チームの完成度を数字で示すとしたら、60~70パーセントぐらいだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ