• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】仙台×浦和|AT弾の興梠はラスト数分で輝き。仙台は好内容も勝利につながらず

【J1採点&寸評】仙台×浦和|AT弾の興梠はラスト数分で輝き。仙台は好内容も勝利につながらず

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2016年07月14日

仙台――浦和相手に堂々たる戦いは見せたが……。

【警告】仙台=奥埜(43分)、三田(53分)、藤村(70分)、浦和=槙野(75分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】槙野智章(浦和)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
仙台 5.5
後半は浦和をポゼッションで上回り決定機も作ったが、決めきれずにアディショナルタイムに隙を突かれ失点。好内容も勝利につながらなかった。

【仙台|採点・寸評】
GK
21 関憲太郎 6
何度もファインセーブを見せ、守備の安定に貢献していただけに最後の1対1を止めきれなかったのが悔やまれる。
 
DF
27 大岩一貴 5.5
積極的に攻撃に絡んでいたが、クロスやパスの精度を欠く場面も見られた。
 
13 平岡康裕 6.5
高い位置で相手を潰す守備と、前線への正確なパスで攻守に貢献。無失点で引き分けならMOMだった。
 
3 渡部博文 5.5
身体を張ってピンチを防いでいたが、失点シーンでは興梠に背後のスペースに入られてしまった。
 
5 石川直樹 5.5
立ち上がり関根の対処に苦しみ決定機を作られたが、後半は修正できていた。
 
MF
17 富田晋伍 6
持ち前の身体を張ったボール奪取で守備の安定に貢献したが、好調時見られた攻撃参加は少なかった。
 
18 三田啓貴 6
決定機につながるパス出しだけでなく、守備でも奮闘を見せたが、失点時は柏木のスルーパスに反応しきれず。
 
7 奥埜博亮 5.5
攻守によくハードワークしていたが、相手の脅威となるプレーが少なく、シュートもなかった。
 
10 梁 勇基 6.5
力強いボール奪取から決定機につながるパスを出し奮闘。連戦も見据えての途中交代。
【関連記事】
【J1順位表】川崎、横浜、浦和がいずれも後半AT弾で第2ステージ3連勝! 川崎が年間首位をキープ
ドロー決着寸前、興梠が劇的ループ弾! 浦和が敵地で仙台を下し5連勝を達成
「リオ世代最多出場」関根が五輪代表から落選。今年、国内招集なし。原口に続く選考の“理不尽”と“妥当性”について考える
なぜ、FKを柏木ではなく阿部勇樹が蹴ったのか? 驚愕弾と“沈黙の3秒”の真相
【J1ベストイレブン】復活の2発を決めたG大阪の助っ人がMVP。中盤の5人はいずれも「7」|2nd・2節

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ