【J1順位表】川崎、横浜、浦和がいずれも後半AT弾で第2ステージ3連勝! 川崎が年間首位をキープ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月13日

川崎、横浜はともに逆転勝ち! 浦和は興梠弾でドロー回避。

【川崎 3-2 新潟】新潟に2度のリードを許す苦しい展開となった川崎だが、84分に同点とし、90+4分には小林の決勝弾が飛び出した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【順位表を見る】

 J1リーグは7月13日、第2ステージ3節の9試合が開催された。

 年間首位の川崎は、ホームで新潟と対戦。2度のリードを許す苦しい展開となったが、84分に相手オウンゴールで同点とすると、90+4分に小林のヒールシュートで逆転に成功。3-2で逆転勝利を収め、年間首位と第2ステージ首位タイの座を守った。

 川崎とともに第2ステージ首位タイの横浜はホームで神戸と対戦。こちらも2点をリードされる厳しい展開となったものの、57分にカイケのゴールで追い上げると、85分に中村のPK、90+1分にマルティノスの決勝弾で逆転し、勝点3をもぎ取った。横浜は、川崎と勝点、得失点差で並び、第2ステージ首位タイとなっている。

 また、敵地で仙台と対戦した浦和も、ドロー決着寸前の90+3分に興梠の決勝ゴールで1-0と劇的な勝利。浦和は第1ステージ16節から5連勝とし、年間勝点、第2ステージともに3位につけている。

 一方、残留争いは前節降格圏に足を踏み入れた名古屋が鹿島に0-3で完敗。3連敗となり、依然16位に沈む。最下位の福岡はFC東京に2-1で逆転勝ちし、連敗を3で止めるとともに9試合ぶりの勝利を飾っている。

第2ステージ3節終了時の年間順位は以下のとおり。

年間 クラブ名 勝点
1  川崎    47
2  鹿島    45
3  浦和    42
4  広島    33
5  横浜    31
6  G大阪   31
7  大宮    31
8  柏     28
9  FC東京  26
10  磐田   25
11  神戸   24
12  鳥栖   24
13  仙台   23
14  湘南   19
15  新潟   18
16  名古屋  17
17  甲府   16
18  福岡   14

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ