ドロー決着寸前、興梠が劇的ループ弾! 浦和が敵地で仙台を下し5連勝を達成

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月13日

仙台の堅守でドロー濃厚の雰囲気のなか柏木のスルーパスに抜け出したのは興梠。

ドロー決着が濃厚となった90+3分、浦和は興梠が抜け出しループシュートでゴールネットを揺らした。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1・第2ステージ3節]仙台 0-1 浦和 7月13日/ユアスタ

 アウェー仙台に乗り込んだ浦和が劇的な勝利で勝点3をゲット。5連勝を達成した。

 試合は主導権を握った浦和が攻勢を仕掛けるが、仙台の堅い守りに阻まれゴールが遠い展開に。終盤まで0-0で進み、ついに後半アディショナルタイムに突入。ドロー決着の様相を呈していた。

 しかし90+3分、ようやく均衡が破れる。先制点を奪ったのは、五輪のために次のゲームを最後にしばらく戦列を離れる興梠だった。柏木からのスルーパスに反応した興梠は、仙台GK関の動きを感じながら見事なループシュートを流し込む。これがゴールネットを揺らし、決勝点となった。

 これで浦和は第2ステージ3連勝、第1ステージ16節から5連勝を達成し、年間勝点で3位、第2ステージでは川崎、横浜と同勝点の3位となった。

7月14日発売号のサッカーダイジェストは、内田選手の巻頭インタビューを掲載。それに続く特集は、今夏の注目銘柄と題して話題の選手30人の去就動向をチェック。乾選手、酒井宏選手、植田選手のインタビューに加え、クラブダイジェストでは松本山雅、好評連載中のプロフットボーラ―の肖像では「2008年」の大谷選手を取り上げています。

画像を見る

【関連記事】
年間首位の川崎が後半ATの逆転劇! 不運の失点でリード許すも小林がヒールシュートで決勝弾
ジャガー浅野は無得点に終わるも、計6ゴールが生まれた柏対広島は白熱のドロー
【EURO2016総集編】SDカメラマンが撮った「スタジアムを彩った美女たち」
【藤田俊哉の目】W杯出場の名手も率先して市井の人々とプレー!? オランダのサッカー文化を実感した1日
【韓国メディアの視点】浅野と宇佐美の欧州挑戦は成功するのか?韓国人記者曰く、「宇佐美はイ・チョンスと同じ轍は踏まないはずだ」
内田篤人が明かした“本田とのサッカー談義”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ