「世界で勝つために日本代表に必要なFWは?」中村俊輔に聞いてみた

カテゴリ:日本代表

藤井雅彦

2016年06月09日

「イタリアでプレーしているFWは、練習からゴール前だけは絶対に手を抜かない」

セリエAでプレーするFWたちのゴールに対する執着心は凄まじく、「ラスト3分の1のところの要求レベルはすごく高かった」という。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現在の日本代表に合うFWとはどんなタイプなのか。そして世界を見据えたうえで必要なFW像とはどんなものなのか。日本代表で数々の死闘をくぐり抜け、イタリアやスコットランドで様々なタイプのFWとプレーしてきた『ファンタジスタ』中村俊輔に話を訊いた。

―――◆―――◆―――◆―――

 2002年7月、中村俊輔は24歳で海を渡り、イタリアはセリエAに戦いの場を移した。所属していたレッジーナは強豪クラブではなかったが、自身のサッカー観は大きく変わった。自身を『ファンタジスタ』と称し、ゴールを演出することを生業とする中村は、カルチョの国で異彩を放つストライカーたちに衝撃を受けたという。
 
「イタリアでプレーしているFWは、練習からゴール前だけは絶対に手を抜かない。なぜかというと、彼らはヒーローになれることを知っているから。だからラスト3分の1のところの要求レベルはすごく高かった」

 ラストパスのタイミングや精度が少しでもズレれば、ゴールは生まれない。ましてや毎シーズンのように残留争いに巻き込まれるレッジーナにおいて、それは死活問題にもなりかねない。厳しい環境に身を置くことで、最終局面の重要性を体感した。

 横浜に帰還した今も、時間を見つけては欧州各国のリーグを視聴し、自身の血肉に変えている。15-16シーズンでいえば、レスターの一員としてプレミアリーグ制覇を成し遂げた岡崎慎司のプレーを見る機会も多かったようだ。日本代表でもともにプレーした後輩FWについても賛辞を惜しまない。
 
「岡崎は守備の部分ばかりがフォーカスされているけど、それだけではない。プレーを見ているとゴールの匂いもする。どうしても(ジェイミー)バーディーの陰に隠れてしまうけど、彼はゴール前での“嗅覚”という武器を高いレベルで持っている」
 
 中村はチャンピオンズリーグでの日本人初得点者という一生色褪せない肩書を持っており、日本代表の中心選手としても長きに渡り世界と戦ってきた。そして、様々なタイプのストライカーとタッグを組み、ゴールを演出してきた。
 
 おそらくFWには武器が必要だ。では、その強さがいかにして決まるか。稀代のファンタジスタはひと呼吸置いたあとに、独特の言い回しで表現した。
 
「どの選手にも特徴がある。ただ、ストライカーに限って言えば、相手DFに対して相対的に上回っている能力が必要。それがないと脅威にならないし、仲間からの信頼を勝ち取ることもできない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ