【ドイツ発移籍情報】清武のセビージャ移籍で古巣に恩恵。細貝の浦和復帰、宇佐美の再挑戦は…

カテゴリ:移籍情報

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年06月08日

日本人関連の移籍ネタは、非常に限られているのが実情だ。

12年から2シーズンはニュルンベルクに在籍し、そして14年にはハノーファーへ移籍。ここでも2年間を過ごし、チームが2部に降格したこともあり、スペインへの挑戦権を掴んだ。(C)Getty Images

画像を見る

 シーズンオフに突入したドイツでは、毎日、新たな移籍の話題がメディアを賑わせている。日本人関連では、ハノーファーの清武弘嗣が、ヨーロッパリーグ3連覇中のセビージャに移籍することが決定的だと専門誌『キッカー』、大衆紙『ビルト』ともに報じている。
 
 しかし、日本人の移籍ネタは、非常に限られているのが実情だ。清武に関しても『キッカー』が7日に報じた「この夏、重要な移籍注目選手」という欄には挙がっていなかった。
 
 まずメガクラブのビッグネームの動向を見極めて、中、小規模クラブの“玉突き”が起きるのが移籍マーケットの基本的な流れ。また、EUROの開催が近づいていることも関係しているだろう。
 
 現段階では、日本人選手にまでドイツメディアの関心が及んでいないとも言える。その意味では、複数のクラブのターゲットとなった清武が、“超注目銘柄”ではないにせよ、ドイツで興味を持たれていることが分かる。
 
 その清武の移籍に関して、大衆紙『ビルト』は連日大々的に報じている。7日には「セビージャが6.5ミリオンユーロを清武に支払う」と題し、間もなく完全移籍で4年契約が結ばれると伝えている。
 
 さらに8日には関連記事として、「清武が65万ユーロをもたらす!」と題し、元所属のニュルンベルクが、移籍金の約1割にあたる65万ユーロ(約7900万円)を規定により受け取ることを報じている。「このお金は、クラブが当初期待していたものではなかった」そうだ。
 
 そして、トルコのブルサスポルに所属する細貝萌に関しては、いくつかの報道がされている。
 
 アウクスブルクとヘルタ・ベルリンで細貝を重用した“恩師”ヨス・ルフカイが、2部降格の決定したシュツットガルトの監督に就任することが決定している。そこで地元紙『シュツットゥガルター・ツァイトゥング』は5月27日、「ルフカイは過去に一緒に仕事をした実績のある選手を、課題のポジションに起用したい方針」として、細貝が候補に挙がっていると報じている。
 
梅崎、駒井、高木…リオ五輪代表候補・21歳の関根貴大が浦和の同僚から密かに盗むドリブル技とは?

 
【関連記事】
「世界で勝つために日本代表に必要なFWは?」中村憲剛に聞いてみた
「世界で勝つために日本代表に必要なFWは?」中村俊輔に聞いてみた
【浦和】柏木、阿部に続く“第3の男”青木拓矢の逆襲。秘密兵器は「5本指シューズ」
【韓国メディアの視点】一喜一憂の6月Aマッチ。惨敗で「日本人になりたい…」が、金星で「韓国>>>日本」に
浅野の消極的なパス、森重の無謀なミドル…。ふたつの〝なぜ?″が示す日本の弱さとは?
【読者参加型企画】あなたの質問に、日本代表SB酒井高徳選手が真剣に答える!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ