【ACL】なぜ、GK西川がPKを蹴ったのか? しかしキック失敗より悔やんだのは…

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年05月26日

PKの順番はコーチと指揮官が一人ずつ意思を確認しながら指名。西川が自ら名乗りを挙げる。

5人目のキッカーとして登場したGK西川。成功していれば浦和のベスト8進出が決定していたが……。写真:徳原隆元

画像を見る

 ACL決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、浦和はFCソウルとの120分+PK戦の死闘の末、敗退が決まった。2試合合計のスコアは3(第1戦1-0、第2戦2EX3)3。延長戦はアウェーゴールルールが採用されないため、決着はPK戦に委ねられた。そこで浦和は6-7と“1本差”で及ばず、力尽きた。
 
 GK西川は120分間の試合中、再三にわたるビッグセーブで絶体絶命のピンチを何度もしのいだ。迎えたPK戦では、FCソウルの3番手のオズマールが先にキックミス。4人全員がキックを決めた浦和は、あとひとりPKを決めれば、ベスト8進出が決まる状況まで持ち込んだ。
 
 5人目のキッカーとしペナルティアークに向かったのが、GK西川だ。
 
 キッカーの順番は、コーチとペトロヴィッチ監督が選手たちに声をかけて意思を確認して決めていった。一番手の阿部がまず決定。さらに「いけるか?」とコーチから声をかけられて頷いた遠藤が、ペトロヴィッチ監督と目が合ってふたり目に。
 
 さらに途中出場でまだ余力の残っていたズラタンが三番手。そして西川は「自分、行けます。4番手でも、5番手でも」と名乗りを挙げ、5番目に指名された。キックに定評のある森脇が4番手。6人目以降は決めず、自ら名乗りを挙げた梅崎、駒井が蹴った。
 
 指揮官は、GK西川のキッカー抜擢について、次のように説明した。
 
「120分の激闘により、何人かは足がつっていた。蹴る順番は、選手と私が話し合って決めていき、西川自身が名乗り出てくれた」
 
 多くの選手が疲弊するなか、正確なキックを蹴れるGK西川はPKキッカーに適していると判断したというのだ。
 
 しかし西川がゴール正面に蹴ったボールは、GKにしっかりブロックされてしまう。守っても、蹴っても、ヒーローになるチャンスだったが……目前に迫っていた天国から、たちまち地獄まで突き落とされた。
 
 試合後、肩を落として落胆する西川は、次のように言葉を振り絞った。
 
「これで終わってしまったのか……。今、そう思う気持ちだけです」
 
 その一方で、「終わってしまったけれど、『やってきたことは間違っていない』ことを確認できた試合でもあった」とも振り返り、「また来年、この壁を乗り越えなければ」と前を向こうとした。
 
【関連記事】
【ブルガリア戦のスタメン予想】トップ下は香川で決まり? 清武が控えなのは勿体ない
キリンカップに挑む日本代表25人のポジション別序列は? CFは岡崎も絶対ではない!?
【日本代表】ハリルが“大久保復帰”を仄めかす。大島の初招集はその布石か?
【ACL採点・寸評】またも大勝負で90分決着にこだわった、指揮官の采配をどう評価すべきか
【湘南】曹監督が超キレた。ホーム7連敗、不満爆発のサポーターと一触即発!
【日本代表】ハリルホジッチ監督と以心伝心の長友が語る最終予選へのビジョン
【日本代表】川島が去就について言及。退団報道は「なにを前提にしているか分からない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ