【湘南】曹監督が超キレた。ホーム7連敗、不満爆発のサポーターと一触即発!

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年05月22日

選手にだけは矛先を向けないでくれ――。曹監督がゴール裏のサポーターと話し合う。

選手に対するブーイングに、指揮官(手前)は「不満があれば、選手ではなく、自分に向けて言ってほしい」とサポーターに伝えた。写真:SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1第1ステージ13節の湘南—仙台の試合直後(試合は1-0で仙台勝利)、選手への痛烈なブーイングが起きたことに対し、湘南の曹監督がゴール裏のサポーターと話し合いの場を持った。そのなかで罵声も飛び交い、一触即発の事態に。帰りかけていた観客も足を止めてその様子を見守り、スタジアムは騒然とした雰囲気に包まれた。
 
 今季初めての顔触れでスタートしたホームチームだが、前半は特にCF端戸、シャドー大竹、長谷川という前線のトライアングルがまったくと言っていいほど機能せず。シュートを1本しか打てず、ほとんど見せ場もないまま折り返した。
 
 しかし後半に下田を投入し、ボランチの菊池を左ウイングバック(WB)に、左WBの三竿を左ストッパーへと、本来のポジションに戻し、立て直しを図る。すると徐々にペースを掴み、何度か良い形を作り仙台ゴールに迫った。
 
 ところが76分、前掛かったところで逆襲を食らい、途中出場の奥埜に決勝ゴールを決められてしまう。結局、後半の湘南はペースを握ったとはいえ、決定的なチャンスはDFの島村が攻撃参加から作った二回と、大槻のクロスに合わせた端戸のシュートのみ。内容的にも、仙台に上回られたと言えた。
 
 試合後、湘南の選手と曹監督がスタジアムを一周し、観客にあいさつをしていった。最後、大勢の湘南サポーターが待つゴール裏に来て、全員で一礼。そこで事件は起きた。
 
 指揮官は選手へのブーイングの嵐が起きたことに対し、居残っていたサポーターの中心メンバーのもとに近寄り話し合いを始める。

 そこで曹監督は選手にだけは矛先を向けないでほしいと強く訴えた。

「馬入(練習場)で日々、前向きに取り組んでいる。責任はすべて自分にある。だから不満があれば、俺に言ってくれ」

 しかし、そこで「辞めろ!」「責任を取れ!」という罵声もあるサポーターから飛んだ。今季ホーム7連敗という不甲斐なさに不満が爆発した形だ。こうした状況だからこそ、培ってきたスタイルを大事にしていくべきだという話し合いをしているタイミングでもあった。

 そうした状況下で、気持ちを昂ぶらせた曹監督がスタンドに詰め寄ると、コーチやスタッフ数人掛かりで抱きかかえられて、スタンドから引き離された。
 
 試合後の記者会見で、曹監督は複雑な心境を吐露した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ