【今日の誕生日】5月3日/――EURO史上最大の奇跡を起こした北欧の戦士――イェンセン(元デンマーク代表)

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年05月03日

決勝戦でチームを勢い付けた強烈なミドル弾での先制ゴール。

奇跡を起こしたEURO92について、「自分たちが成し遂げたことを理解するのに1か月以上かかった」と、後にイェンセンは振り返っている。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

ドイツの度肝を抜いた先制ゴール。「どの試合でも全く気負いがなかった」(イェンセン)デンマークは、攻守で多くのスーパープレーを披露した。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

◇ヨーン・イェンセン:1965年5月3日生まれ デンマーク・コペンハーゲン出身
 
 ヨーロッパネーションズ・カップ時代を含めれば、過去14回行なわれてきた欧州選手権(EURO)。半世紀以上にもおよぶ激闘の歴史のなかで、多くの極上のドラマが生み出されてきた。
 
 そのなかには、多大な驚きを世界中に与えたものも少なくない。その最たるものが、1992年スウェーデン大会での、デンマークの優勝だろう。
 
 予選敗退を喫していたのに、ユーゴスラビアが内戦に対する制裁措置で締め出されたことにより出場権を得、急遽バカンスを中止してスウェーデンに駆け付けた選手たちが、躍動しながら強豪国を次々に撃破。ついに決勝まで勝ち進んだ。
 
 ここまででも、十分に「おとぎ話」として成立しそうなものだが、この北欧の島国は、2年前の世界王者であるドイツからも2点を奪い、欧州王座を手にしてしまったのだから、世界中が驚いたのも当然である。
 
 この決勝戦で前半18分に強烈なミドルによる先制ゴールを決め、ドイツの度肝を抜いたのが、デンマークのMFヨーン・イェンセンだった。この右足による弾丸シュートがチームメイトを勇気付け、また同時に勢い付けて、奇跡のドラマを演出した。
 
 83年にブレンビーでキャリアをスタートし、87年には国内の最優秀選手に選出され、デンマーク代表として初キャップも刻んだイェンセン。運動量豊富な攻守のリンクマンは、88年からの2シーズンをドイツのハンブルクで過ごした後、再びブレンビーに戻った。
 
 そしてキャリアの転機となったEURO92。突然の出場で、選手のコンディションも戦い方も整っていないなかで、イェンセンは中央のMFとしてピッチを縦横無尽に走り回り、チームに落ち着きと自信を与えた。
 
 そして、決勝では前述の先制点。右サイドでボールを奪ったフレミング・ポウルセンがマイナスに折り返したボールに、迷わず右足を一閃! ボールは地を這う弾丸ライナーから一気に浮き上がり、そのあまりの速度にGKボド・イルクナーはボールを見失った。
 
 イェンセンが躍動し、ブライアン・ラウドルップがチャンスを作り、ペーター・シュマイケルがミラクルセーブを連発したデンマークは、その後、さらに1点を加えて2-0の勝利。奇跡の欧州制覇に、イェンセンは「ハッピーなんて言葉だけでは表現できない」と語った。
 
 この大会後、一躍注目の人となった彼は、イングランドの名門アーセナルに加入し、ファーストシーズンでリーグカップ、FAカップ制覇に貢献。翌シーズンには、当時の欧州3大カップのひとつだったカップウィナーズ・カップ優勝も経験する。
 
 デンマーク代表の時と同様、中盤で攻守の繋ぎ役として奮闘するも、なかなかゴールを奪えなかったことから、彼がいつゴールを奪うかがファンの関心事となり、93-94シーズンにOPR戦でついにゴールネットを揺さぶった際には、それが大きなニュースにもなった。
 
 96年夏にアーセナルを去ったイェンセンは、三たびブレンビーに在籍し、99年までプレー。そして01年、ヘルフェルゲというクラブでユニホームを脱いだ。
 
 引退後は指導者としての道に進み、ヘルフェルゲを率いた後、母国の英雄ミカエル・ラウドルップのアシスタントとしてブレンビー、ヘタフェ(スペイン)のベンチに座り、以降も国内外のクラブで指導に携わっている。
 
 さて、EUROのサプライズといえば、決勝戦に限定するなら他に、76年大会でチェコスロバキアが西ドイツ(当時)を抑えて欧州制覇を果たしたことが挙げられる。
 
 世界王者に対して積極的に仕掛けたチェコスロバキアは、2-1でリードを奪うも後半終了間際に追いつかれる。しかし、粘ってPK戦の持ち込み、西ドイツのウリ・ヘーネスの失敗を誘う。最終キッカーのアントニン・パネンカが放ったトリッキーなチップキックは、大きな話題となった。
 
 そしてもうひとつが、2004年大会のギリシャの戴冠だ。開催国ポルトガルに対し、開幕戦(2-1)に引き続いて決勝戦(1-0)でも、勝利を奪った。テクニックとパスワークによるサッカーを、堅固な守備が蹂躙したことで、大きな驚きを世界に発信した。
 
 このようなサプライズは、果たして今夏のフランスでも生み出されるだろうか。

76年、西ドイツ相手に大金星を挙げたチェコスロバキア。テクニカルなMFで攻撃をリードしたパネンカのPK戦でのキックは、後にフランチェスコ・トッティ、ジネディーヌ・ジダン、リオネル・メッシら、多くの名手によって大事な場面で再現された。写真は昨年12月、EURO2016の組み合わせ抽選会に出席したパネンカ(左はオランダのルート・フリット)。 (C) Getty Images

画像を見る

大会前は参加16か国のなかで最低評価だった04年大会のギリシャ。そんなチームが、ひたすら守備を固め、攻撃はカウンターに活路を求めた結果、驚くべき結果を生み出した。写真は圧倒的な空中戦の強さを見せ、決勝戦で唯一のゴールを挙げたアンゲロス・カリステアス。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
【回顧録】“英雄”シメオネのアトレティコでの功績を振り返る――2011-2016
サッカーダイジェストのプレミアリーグ担当がシーズン徹底総括! Vol1――レスター優勝の要因&プレミア1年目の岡崎評は?
【レスター】クラブ史上初の戴冠で世界中に驚きを与えた「奇跡の担い手たち」
レスター、創設132年目のリーグ初制覇!! トッテナムがチェルシーに引き分けて力尽きる
【今日の誕生日】5月2日/インテルで黄金時代を謳歌した天才スペイン人――ルイス・スアレス
【今日の誕生日】5月1日/EURO決勝で覚醒したシンデレラボーイ――ビアホフ(元ドイツ代表etc.)
【今日の誕生日】4月25日/3度目の自国優勝を狙うフランスの守備の要――ヴァランヌ(R・マドリー)
【今日の誕生日】3月27日/才能と運に恵まれたGK王国の最高作品――ノイアー(ドイツ代表&バイエルン)
【EURO2016開催地を巡る旅】第5回:リールとピエール・モーロワ「不思議な街で、夏だ、ビールだ、フットボールだ!」
【ブンデス現地コラム】5戦連発で株価急上昇中のブラント。19歳の新鋭がEUROの秘密兵器に!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ