• トップ
  • ニュース一覧
  • 「俺たちが勝つんだ」失点と連敗を極度に嫌う黒田監督の“執念”が選手たちに乗り移る。C大阪戦で感じた町田の底力

「俺たちが勝つんだ」失点と連敗を極度に嫌う黒田監督の“執念”が選手たちに乗り移る。C大阪戦で感じた町田の底力

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年05月16日

「必死さ」を勝利に結びつけるのは…

町田に確かな組織力を植えつけた黒田監督。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 FC町田ゼルビアの底力を感じたゲームだった。5月15日に開催されたセレッソ大阪戦のことである。後半アディショナルタイムの決勝弾で劇的な勝利を収めた試合を振り返り、町田の黒田剛監督は次のようにコメントした。

「前節の湘南戦は引き分けでしたが、敗戦のレベルでした。かなり厳しい印象を持ったゲームだったので、戒めの気持ちを持って試合に入りました。湘南戦を敗戦と捉えたなかで、絶対に連敗はできないスタンスで選手たちは準備してくれました」

 正直、84分の失点で1-1にされた時はドローが濃厚だと思った。実際、黒田監督も「PKで追いつかれてどうなるかというところもあった」と心境を明かしている。それでも、町田は後半アディショナルタイムに決めたミッチェル・デュークのゴールで最終的に2-1と勝ち越し、勝利を手繰り寄せた。

 黒田監督は言う。

「『絶対に負けたくない。俺たちが勝つんだ』という気持ちを90分間切らさずに戦ってくれた。林(幸多郎)のクロスからデュークが技ありのゴールを決めてくれました。引き分けと勝利では全然違うシチュエーションのなかで、勝ち切れたのは素晴らしいことです」
 
 「俺たちが勝つんだ」というスタンスで、それを成し遂げてしまう選手たちの実行力はある意味恐ろしい。  

 C大阪戦の勝利は、失点と連敗を極度に嫌う黒田監督の“執念”が選手たちに乗り移った格好での白星だろう。

 キャプテンの昌子源が「僕たちも必死」と言うが、その「必死さ」を勝利に結びつけるのは簡単ではない。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 
【関連記事】
「エンドウを切り捨てなければ」遠藤航が6番では優勝できない! 現地メディアがまさかのレギュラー剥奪を主張「ファンが不満を吐き始めている」
5発圧勝のセルティックが3連覇を達成! 前田が54回目の優勝に花を添える1G1A! 古橋、旗手、岩田もリーグ制覇に貢献
「キレキレやな。でも、何もしてないやん」昌子源がC大阪戦後、平河悠に“愛の説教”【町田】
鳴り物入りでFC東京入団も出場ゼロで引退…。怪我に泣いた男が波瀾万丈キャリアを経て“敏腕実業家”の成功を掴むまで
「ムキにならず、俺が、俺がにならず」黒田剛監督がU-23日本代表FWに的確なアドバイス【町田】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ