• トップ
  • ニュース一覧
  • 「タケの様子がおかしい」アジア杯後の久保建英の“変化”にソシエダ番記者が懸念「日本人の魔法がなければ別のチーム」【現地発】

「タケの様子がおかしい」アジア杯後の久保建英の“変化”にソシエダ番記者が懸念「日本人の魔法がなければ別のチーム」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ミケル・レカルデ

2024年04月21日

身体が悲鳴を上げているようだ

アルメリア戦では後半途中から投入された久保。(C)Getty Images

画像を見る

 タケ・クボ(久保建英)の様子がおかしい。タフさが持ち味である彼の身体も、ほとんど休むことなくシーズンを過ごした結果、悲鳴を上げているようだ。

 ラ・リーガとチャンピオンズリーグでスタメンを張り続けてきたタケにとって、疲労をさらに蓄積させたのが、カタールで開催されたアジアカップだった。重圧のかかる試合の連続で想像以上に消耗して戻ってきた。数字はウソをつかない。公式戦ここ14試合で1ゴールにとどまり、アシストはゼロだ。

 ミケル・オジャルサバルとアンデル・バレネチェアの負傷で、イマノル・アルグアシル監督が考案した「魔法のトリデンテ」を1人で支えなければならなかったフル稼働の代償が、過度の責任と疲労をもたらし、シーズン終盤を迎え、相対的に違いを作るアタッカーとしての存在感が低下している。
 
 ラ・リーガ全体でもレアル・マドリーのジュード・ベリンガムに次ぐ活躍を見せていた序盤に比べれば、貢献度が下がったのは紛れもない事実だ。だが同時にプレーを評価する際に、開幕以来、ほとんどすべての試合に出場していることを考慮に入れるのは公平なことだ。

 確かにアルメリア戦の前の3試合は、グラナダ戦を欠場、カディス戦で66分間プレー、アラベス戦では前半終了間際に負傷を訴えて退いた。しかしその前の8試合はセビージャ戦を除き7試合に先発で起用され、そのうち6試合にフル出場。唯一途中で退いたコパ・デル・レイ準決勝マジョルカとのセカンドレグも、延長前半終了間際の104分までプレーした。昨シーズン、8にとどまった先発でフル出場した試合は、すでに14を数える。

 前述のアラベス戦の後、コパ・デル・レイの決勝開催を挟んで、設けられたほぼ2週間のブレイクも十分な休養を得るには至らなかった。

 試合前日の「タケは小さな怪我をしていて、様子を見てきたが、アルメリア戦には間に合うだろう」という言葉とは裏腹に、ラスト20分間しかプレーさせなかったアルグアシル監督の判断が完全に回復していないコンディションを物語っていた。
 
【関連記事】
「タケは大きな進化を見せている」ソシエダ主将が久保建英を語る。アジア杯離脱、移籍、人間性...「まず驚いたのは――」【インタビュー】
「ひどい過大評価だ」久保建英の市場価値“アジア単独1位”に韓国メディアが異論!「キム・ミンジェはすぐ下落なのに、クボは不調でも下がらず」
「球離れの遅さが気になる」4年前に久保建英をそう評した小野伸二、現在のプレーをどう見る?
「傷ついたから避けて欲しかった」久保建英は暴力的行為を受けたカディスMFと何を話していたのか? 本人に訊いた「僕も熱くなってたんで...」
「普通にありえない」「神経疑う」悪質ファウル連発で久保建英を激怒させたカディス、公式Xがまさかの“煽り投稿”で大炎上!「まともなチームじゃない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ