• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ひどい過大評価だ」久保建英の市場価値“アジア単独1位”に韓国メディアが異論!「キム・ミンジェはすぐ下落なのに、クボは不調でも下がらず」

「ひどい過大評価だ」久保建英の市場価値“アジア単独1位”に韓国メディアが異論!「キム・ミンジェはすぐ下落なのに、クボは不調でも下がらず」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月03日

「クボが本当に6000万ユーロの価値を持つ選手と言えるだろうか」

3月の更新では変動なしだった久保。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』は先月、欧州主要リーグでプレーする選手の推定市場価格(市場価値)を一斉に更新した。

 その結果、久保建英(レアル・ソシエダ)と並んでアジア人選手トップの6000万ユーロ(約96億円)だった韓国代表DFキム・ミンジェ(バイエルン)が5500万ユーロ(約88億円)にダウン。日本代表の22歳が単独トップとなった。

 これに異論を唱えたのが韓国メディア『スポーツ朝鮮』だ。4月2日に、「日本のエース、クボがソン・フンミンやキム・ミンジェを超えてアジア1位。深刻な過大評価である理由」と題した記事を掲載。「クボが本当に6000万ユーロの価値を持つ選手と言えるだろうか」と疑問を呈している。

「クボがきちんとした評価を受けているかどうか疑問だ。ひどく過大評価されたという印象を消すことができない」
【PHOTO】華やかコスチュームでエール! アジアカップを彩った韓国女子サポを特集!
 同メディアは「クボが大きな潜在能力を持った選手というのは否定できない事実だ。バルセロナとレアル・マドリーの両方が注目した才能で、4年前にすでに3000万ユーロの市場価値をマークしていた」としつつ、こう続けている。

「しかし、クボが再び3000万ユーロを突破するまでに、なんと3年がかかった。ビジャレアル、ヘタフェのレンタルで連続で失敗した後に市場価値も急速に下落し始め、マジョルカでの再レンタルでも活躍できなかった。2022年、一時は価値が750万ユーロまで下落した」

 ソシエダ移籍後については、「本当に良い活躍をしたのは事実だが、上昇の程度が過度に高かった。2023年6月に2500万ユーロの選手が4か月で2倍の5000万ユーロまで上がった。昨年12月に6000万ユーロまで上昇した」と指摘している。

「現在、全世界のウインガーの中で、久保は16位の市場価値を誇る。若いほど成長できる余地があるため、市場でより高い評価を受けるのは理解できるが、過度の高評価のように見える。クボと同じレベルの選手がマーカス・ラッシュフォードとウスマンヌ・デンベレだ。すぐにモハメド・サラー、キングスレー・コマンのような世界的な選手たちを追いつく勢いだ」
 
【関連記事】
「仲良くてほっこり」「この二人ほんと好き」久保建英と韓国代表イ・ガンインの“ユニ交換”が反響!「渡し方が雑」とのツッコミも
“遠藤は好きじゃない”で物議の元指揮官、キム・ミンジェのライバルに「どの監督でも彼を使う」と太鼓判で韓国騒然!「衝撃の発言だ」
「衝撃のニュースだ」バイエルンが韓国代表キム・ミンジェを1年で放出か。まさかの売却検討報道に母国メディアは愕然!「酷使論争が起きるほどだったのに...」
「アジア最強の日本が変化を選んだ」JFAの宮本恒靖会長就任に韓国羨望! 自国と比較し悲嘆「自己満足に溺れた韓国サッカー協会とは違う」
「また日本の壁を越えらず。差が広がった」大学選抜の日韓戦で“屈辱”の完敗、韓国メディアが悲嘆「40分間、1本もシュートも打てないほど失望させた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ