【J2採点&寸評】5節・全11カードを現地取材記者が採点!|C大阪がロスタイムの失点で一歩後退、熊本が首位浮上!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月31日

C大阪×金沢|フィジカルに難点抱えたC大阪は5連勝ならず。

【警告】C大阪=杉本(18分) 金沢=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】山藤健太(金沢)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
C大阪 6
早い時間帯に先手を取りながら、相手を捕まえきれず、守勢に回る。追い付かれながら後半リードを奪ったが、土壇場のPKで勝点2を失う。
 
金沢 6
布陣変更など、この試合に向けた戦術、対策がはまってはいたが、2度リードを許した守備は課題続き。それでも、終了間際に追いついて勝点1獲得。
 
【C大阪|採点・寸評】
GK 
21 キム・ジンヒョン   
CKとPKからの2失点は、GKとしては防ぐのが難しいものであり、全体的には代表戦から帰国後中1日でも、好パフォーマンスを継続していた。
 
DF
3 茂庭照幸 5.5(80分OUT)             
相手の圧力を跳ね返すのに苦労していた部分もあったが、要所では好カバーを見せていた。ただ、後半途中に負傷を訴えて交代することに。
 
14 丸橋祐介 6
ブルーノ・メネゲウとの左サイドの関係は試合ごとによくなっており、相手の脅威に。金沢の馬渡にもあまり仕事をさせなかった。
 
15 松田 陸 5.5
守備では疲労などの影響もあってか力強さに欠けた部分もあり、特に前半は押し込まれた。ただ、攻撃ではクロスなどで圧力をかけていた。
 
23 山下達也 5.5
今週のトレーニングをまともにこなせなかったことが、そのままパフォーマンスにも表われ、本調子とは程遠い内容に。相手を跳ね返しきれず。
 
MF
6 ソウザ 6
中央では相手に縦パスを通される場面も少なくなかったが、持ち前のポジショニングでカバー。終盤まで豊富に上下動して攻撃にも参加。
 
10 ブルーノ・メネゲウ 6
試合開始直後に鋭い飛び出しから今季初得点を記録。その後も攻守にハードワークを惜しまず、チームを活性化していた。
 
24 山村和也 6
機を見て上げた好クロスから先制点を演出。その後は相手の圧力の前に攻守のバランスを取るのに苦しむも、豊富に動き回っていた。
 
FW
8 柿谷曜一朗 6
前半こそ相手のハードプレスの前に苦しめられたが、後半はきっちり修正。得点こそなかったが、前線の核として高い技術を示し続けた。
 
9 杉本健勇 6(67分OUT)
序盤の警告はもったいないもの。前半は守備に追われた部分もあったが、後半、閉塞感が漂うなか、渾身の一撃で今季初得点。チームを活気づけた。
 
11 リカルド・サントス 6(83分OUT)
後方からの激しいマークを受け続けるなかでも、身体を張ったキープ、前からのチェイスなど貢献度は高い。あとはゴールだけ。
 
交代出場
MF
7 関口訓充 5.5(67分IN)
攻守に労を惜しまず、チームの苦しいところでも相手にプレッシャーをかけて好守も見せたが、土壇場で悔しいPK献上に泣く。
 
DF
22 中澤聡太 -(80分IN)
茂庭の負傷交代を受けてピッチに入るも、高さ勝負こそ競り勝っていたが、後追いでの守備の時には出遅れ、最後を締めくくりきれず。
 
FW
29 澤上竜二 -(83分IN)
前線から追いかけ回し、フィジカルの強さも生かしてプレーしたが、今回もシュートを打ちきれず。出番が増えてきたなか、結果を出したい。
 
監督
大熊 清 5.5
今週のトレーニングでインフルエンザでの離脱者が続くなど、マネジメントに腐心。また、負傷交代が続き、戦術的な変化を加えきれなかった。


【金沢|採点・寸評】
GK
31 原田欽庸 6
2失点はあと一歩が届かず。それ以外は、思い切りのいい飛び出し、好判断などもあり、失点は許さず。最後方から引き締めた。
 
DF
23 馬渡和彰 5.5
C大阪の丸橋とB・メネゲウの対応に追われたことで、本来の攻撃参加はなかなか出し切れず。それでも粘り強く対応していた。
 
3 作田裕次 6.5
最初の失点こそ隙を見せたが、それ以降はハードマークを繰り返し、終了間際のピンチも好カバーでしのぐなど奮闘が目立っていた。
 
5 太田康介 6
3バックの中央で守備陣をしっかり統率しただけでなく、後方からの縦パスや機を見たミドルシュートで、相手に圧力をかけていた。
 
16 ブルーノ・メンデス 6
ブラジル人らしい、いわゆるマリーシアも生かしつつ、守備ではハードかつ我慢強く対応。CKからはヘッドでゴールも奪った。
 
MF
19 玉城峻吾 6(74分OUT)
3-3-2-2と言えるフォーメーションのなか、2トップの一角で起用されると、広範囲に相手をかき回し、自軍を勢いづけていた。
 
24 大槻優平 6(60分OUT)
馬渡とともに右からのプレーとなったなか、前半は中央への動き出しなどで相手をかく乱。セットプレーのキッカーとしても脅威に。
 
8 山藤健太 6.5
アンカーのような位置に入り、セカンドボールを積極的に拾っていただけでなく、攻撃の起点にもなり、最後は自ら得たPKで値千金の同点弾。
 
2 阿渡真也 6
左サイドから安とともに相手を押し込む時間が多かった。後半はC大阪の松田との攻め合いの様相となるも、守備でも踏ん張り続けた。
 
FW       
13 水永翔馬 6.5
高さ勝負では昨シーズン同様、C大阪のCBよりも競り勝つことが多く、空中戦やポストプレーでの頑張りが、チームに流れをもたらした。
 
9 安 柄俊 6(86分OUT)
2列目の左サイドを担当。思い切りのいいミドルシュートを見せるなど、両チーム通じて最高の5本のシュートを放っていた。
 
交代出場
MF
7 可児壮隆 6(60分IN)
相手が攻勢に出てきた後半に途中出場。終盤にかけて積極性を出し、チームが土壇場に盛り返すスイッチ役にもなっていた。
 
MF
11 古田寛幸 5.5(74分IN)
安のような積極的な姿勢は影をひそめ、自ら仕掛ける場面というのは少なかった印象。ゲームのなかでは途中出場ながら埋没感もある。
 
MF
25 星野有亮 -(86分IN)    
終盤に登場。積極的に前へ前へと向かう姿勢で、鋭い飛び出しも見せたことで、同点につながるCKも獲得できた。
 
監督
森下仁之 6.5
試合の入り方こそチームの課題となるも、前節から布陣を変え、相手をしっかり分析し、勝点を奪える最善策をチームに植え付けた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ