• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ドイツ代表 2-3 イングランド代表|採点&寸評】イングランドがケイン、ヴァーディーら新戦力の活躍で、世界王者に価値ある勝利!

【ドイツ代表 2-3 イングランド代表|採点&寸評】イングランドがケイン、ヴァーディーら新戦力の活躍で、世界王者に価値ある勝利!

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2016年03月27日

攻守にわたって低調だったドイツの面々は軒並み低評価…。

(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

【ドイツ代表|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 5
稚拙なミスが原因でビルドアップが円滑にいかず、持ち前のコンビネーションプレーが影を潜めた。プレスの連動性が乏しかった守備も機能性はいまひとつ。片手では収まりきらないピンチを招いた。攻守に低調なパフォーマンスを繰り返し、タイムアップ後にはブーイングが轟いた。
 
監督 ヨアヒム・レーブ 5.5
クラブで好調のゴメスを先発させ、初招集したターを後半頭から投入するなど、選手起用は理に適ったもの。終盤にはEURO予選での基本だったゲッツェのゼロトップを採用するも、大きな流れを引き寄せるには至らなかった。
 
【ドイツ代表|選手採点&寸評】
GK
マヌエル・ノイアー 6.5
厳しいコースに飛んできたミドルや至近距離弾を防ぎ、最後の砦として存在感を示した。3失点はいずれもGKからはノーチャンス。
 
DF
ヨナス・ヘクター 5
攻撃時は良いかたちでパスを受けられず、守備ではララーナとクラインの対応に手を焼いた。縦関係を築いたロイスとの連携に不安も。
 
マッツ・フンメルス 6(46 分OUT
繋ぎのパスも対人戦もまずまず。中央だけでなく、タッチライン際まで顔を出しての守りも安定していた。前半でお役御免の交代。
 
14 エムレ・ジャン 5.5
積極的に攻め上がり、シンプルなクロスで好機を演出した。一方で、気の抜けたプレーでピンチを招くなど、守備の集中を欠いた場面も。
 
16 アントニオ・リュディガー 5
流れのなかではケインをうまく封じるも、途中交代のヴァーディーを捕まえきれず。前半はフィードが冴えず、ビルドアップの足枷になった。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

ホームの観衆の前で手痛い逆転負けを喫したドイツ。連動性、機能性に欠け、アクティブだったイングランドに魅力という点でも劣っていた。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
【イタリア代表 1-1 スペイン代表|採点&寸評】EUROメンバー当落線上のインシーニェとアドゥリスが「結果」を残す!
【オランダ代表 2-3 フランス代表|採点&寸評】フランス、内容の伴った価値ある勝利! 殊勲者マテュイディは攻守に縦横無尽の活躍
【イングランド代表】EUROに向けた“最終オーディション”で初招集ドリンクウォーターやケイン&ヴァーディーの共存を試行!?
【ドイツ代表】熟成させてきた戦い方にどれだけバリエーションを加えられるか。ゲッツェの奮起にも期待!
【日本代表|エリア別検証】機能した前線のトライアングル。中盤の臨機応変さで4-1-3-2への発展型も視野に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ