【J1採点&寸評】浦和×磐田│大チョンボで先制点を献上したGK西川に最低点。ジェイのJ1初得点も飛び出した磐田は、今季初勝利を飾る

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年03月06日

浦和――イージーミスから失点。「駒井、梅崎、李あたりが出てきたら嫌だった」(名波監督)という一手も打てず。

【警告】浦和=遠藤(88分)磐田=太田(22分)、宮崎(57分)、ジェイ(90+4分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】小林祐希(磐田)

画像を見る

試合後、肩を落とす西川(1番)ら選手たち。公式戦2連勝のあと2連敗。立て直すことができるか? 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
浦和 5
ACLとJリーグで、2連勝のあと2連敗。相手の守備戦術にまんまとハマり、柏木のミドルで一時は追い付いたものの、持ち味であるはずの前線のコンビネーションからの崩しはほとんど見られなかった。ペトロヴィッチ監督は「運動量、球際の激しさとも物足りず、縦の仕掛けも少なすぎた」と振り返った。
 
磐田 6.5
攻撃で狙っていたとおりに崩すシーンはほとんどなかった。それでも“闘う”姿勢を示し、途中からは運動量を武器とする相手よりも多く走り、しっかり味方をフォローして、まさに全員で勝点3を掴んだ。

【J1 PHOTO ハイライト】1st ステージ・2節 浦和1-2磐田
 

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 4.5

森脇からのバックパスに対し、緩慢なヒールパスを槙野に出して、待っていましたとばかりに詰めていた太田に奪われ失点。彼のプロキャリアで最悪のミスと言っていいだろう。本人も「シンプルに蹴り出しておけば、防げた」と反省。その汚名返上とばかりに56分にはアダイウトンの決定的なシュートを止めたが……。
 
DF
6  遠藤 航 5.5
アダイウトンがトップスピードに入る前の段階で食い止める。関根とのマークの受け渡しもスムーズだった。後半、リベロに入ると、アダイウトンにボールをかっさわれて大ピンチを招く場面も。永田投入後、再び右ストッパーへ。

5 槙野智章 5
失点シーンは、西川のパスが酷かったとはいえ、確実にクリアするなど最低限の処理はしたかった。それができなければ、この布陣のリベロは務まらないだろう。後半から本職の左ストッパーに入った。
 
46 森脇良太 5
前半、槙野と並んだ真ん中から左サイドにかけてのゾーンの守備が、柏戦に続いて常に不安定だった。ふたりとも自陣でボールが来るのを怖がっているようにすら感じた。後半、右ストッパーと右WBをこなす。
 
MF
3 宇賀神友弥 5
弱くなったパスを奪われ、危うく失点されそうになった。全体的にクロスもパスもパンチ(強さと鋭さ)が効いていなかった印象。この日のように膠着状態の時、WBが脅威を与えられないと、チームから躍動感が消えてしまう。

10 柏木陽介 6.5
ボールを持つと厳しいチェックに合った。後半途中からは、低い位置からロングキックを使って状況を打開する形に。そんななか、78分のカットインから、一時同点に追い付く鮮烈なミドル弾をねじ込んだ。「コンディションが上がり、余裕を持ってプレーできた」と、本人は語っていた。

 22 阿部勇樹 5
一手先を読んでセカンドボールを拾い、分厚い攻撃を実現。ただ先制点を与えたあと、より慎重になって後方のフォローに回る時間が長くなり、逆に攻めが手薄に……。また、終盤の勝負どころでは松浦に振り切られて、失点にも絡んだ。

 24 関根貴大 5 (OUT 70分)
積極的に1対1を仕掛けた。後半に入り、何度か右サイドを抜け出して“突破口”を切り開く存在になりかけたが、パッとした活躍をできず途中交代に。

9 武藤雄樹 5 (OUT 77分)
下がってボールを受けると2~3人のプレスにあって苦戦。彼らしく高い位置で前を向く機会が限られた。こうした「シャドー対策」を練られた時に、その上を行くアイデアを出したい。

30 興梠慎三 5.5
左足の強烈なショットを放つなど、この日、数少ないゴールの“匂い”を放っていた存在。しかし結果を残せなかった。「引いて組み立てに顔を出そうとたが、もっと前に張り出して仕事をすべきだった」と唇を噛んだ。

FW
21 ズラタン  
シュートは両チーム最多5本を放つ。ただ勝負どころでのオフサイドやファウルが目立ったのはもったいない。シャドーとの距離も開きすぎてしまった。
 
交代出場
MF 
11 石原直樹  (IN 77分)
今季リーグ戦初出場。久々の埼スタのピッチを“噛み締める”ように駆け抜けた。しかしゴール前で脅威を与えられなかった。

DF  
17 永田 充 5.5 (IN 70分)
ジェイ対策でリベロに入った。しかし引きすぎて最後の局面で反応し切れず、決勝点を与えてしまった。

監督
ペトロヴィッチ 5
まだベストな組み合わせを模索している段階ではあるが、ある程度、主力を固定している“メンバーありき”の印象も。名波監督が「駒井、梅崎、李あたりが出てきたら嫌だった」と明かしていた、相手の嫌がる一手も打てなかった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ