【浦和】ACLとJでまずまずの船出。 明らかに変化した「5大ポイント」

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年03月01日

【ポイント その1】闘う姿勢を前面に。「球際でのこだわり」

大津の突破を阻止する槙野。柏戦ではミシャ体制下初となるリベロでフル出場し、勝利に導いた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

ピッチに倒れ込む時間は、相手のほうを長くしよう――。選手たちが示したその“闘う姿勢”は、間違いなくサポーターとの良い一体感を生み出していた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キャンプ中からペトロヴィッチ監督が強調し、取り組んできたのが「球際でのこだわり」だ。槙野は言う。
 
「昨年『浦和は巧いが、球際が弱い』と言われ、とても悔しかった。今季は守備面でも戦う意識を誰もがより強く持っている。『ピッチでは相手が倒れている時間のほうを長くしよう』『判定に対して審判に抗議するのも、相手のほうが多くなるようにしよう』と、その点も、みんなで共有し合えている。2試合で、そこはまず見せられたと思う」
 
 確かにACLのシドニー戦、Jリーグ開幕戦の柏戦、浦和には“巧さ”以上に“力強さ”が感じられた。槙野の言葉どおり、ピッチに倒れ込む時間は相手のほうが長かった。なによりピッチですぐ起き上がろうとする選手たちの“闘う姿勢”からは、熱い声援を送るサポーターと共に戦っている『一体感』が醸し出されていた。
 
 そのスタジアムを包み込む雰囲気も含めて、間違いなく浦和のほうが「圧している」印象を与えていた。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ