【J1】負傷明けのジェイが存在感! 磐田がホーム開幕の浦和を破り3年ぶりのJ1勝利!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月06日

浦和は柏木の今季初ゴールを活かせず。

プレシーズンは怪我で満足な練習ができていなかったジェイだが、復帰戦でまざまざと能力の高さを見せつけた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは3月6日、第1ステージ・2節の4試合を開催。埼玉スタジアム2002では、浦和対磐田の一戦が14時にキックオフされた。
 
 立ち上がりから主導権を握ったのはホーム開幕を迎えた浦和。緻密なビルドアップと果敢に前から仕掛ける守備で、やはり前線からの守備とアクションサッカーを掲げる磐田を押し込んでいく。
 
 9分、浦和は柏木が中盤で相手ボランチからボールをカットすると、ズラタンにつなぎ、ゴール前へ。しかしズラタンのシュートは枠を捉えきれなかった。
 
 浦和はその後も右サイドから関根、興梠らが縦への果敢な突破を見せるが、シュートに結びつかない。それでも、29分にロングボールに抜け出したズラタンがシュートを放ったが、ここはGKカミンスキーに阻まれた。
 
 そして30分、先制点を奪ったのはここまで押し込まれていた磐田だった。それまでラインが下がりがちだった磐田だったが、浦和の森脇からGK西川へのバックパスがやや弱いと見るや、磐田の太田が猛然とプレスをかけ、西川のパスミスを誘う。そして、このボールを奪った太田が、そのまま左足でゴールに蹴り込んだ。
 
 浦和は、34分に興梠、35分にズラタンが決定的なシュートを放つものの、ゴールを奪い切れない。前半は磐田の1点リードで折り返した。
 
 後半に入っても浦和がペースを掴んだが、磐田は55分に波状攻撃で追加点のチャンスを迎える。齋藤からのパスを受けたアダイウトンが決定的なシュート。ここは西川がビッグセーブで凌ぐ。さらにこぼれ球に反応した齋藤が立て続けにシュートを放ったが、やはり西川がセーブした。
 
 磐田は69分、アダイウトンに代えて負傷から復帰したジェイを投入する。一方の浦和は77分、武藤に代えて石原を投入して勝負を賭ける。
 
 そして78分、交代策が実ったのは浦和だった。ペナルティエリア手前でボールを持った柏木から、石原、ズラタンとパス交換して柏木がエリア内に侵入すると、最後は体勢を崩しながらも左足でゴールを射抜いた。試合は1-1の同点となる。浦和はJ1ホーム通算600得点を達成した。
 
 しかし、磐田も投入されたジェイが存在感を発揮する。82分、松浦とのパス交換から小林が浦和のペナルティエリア内に侵入すると、折り返しをジェイが槙野を身体でブロックしながら押し込んだ。
 
 浦和は終盤、柏木を軸に反撃するものの、磐田の粘り強い守備を崩しきれずタイムアップ。磐田が2-1で勝利し、3シーズンぶりのJ1での勝利を挙げた。一方の浦和は今季のホーム開幕戦を白星で飾れず、連勝を逃した。

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・2節|浦和 1-2 磐田

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ