【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.8「デカちょる」(レノファ山口サポーター)――「前任者の魂とマスクを引き継いで応援!」

カテゴリ:Jリーグ

宇都宮徹壱

2016年02月29日

「初めてのスタジアム観戦で、すぐに心を奪われました」

2010年から山口を応援し続ける「デカちょる」。アウェー戦には車で向かうなどクラブ愛に溢れている。写真:宇都宮徹壱

画像を見る

「やっぱりJ2はメディアの扱いが違いますよね」
デカちょる(レノファ山口サポーター)
 
 こんにちは! 「レノファの勝利の妖精」デカちょるです。山口県のマスコット(肩書きは「山口県PR本部長」)に『ちょるる』というのがいるんですけど、血縁関係はありません(笑)。
 
 実は私の前任者に『やせちょる』という女性がいまして、地域リーグ時代からこのマスクを被って熱烈にレノファを応援していたんですが、ご結婚を機に県外に引っ越されたんですね。それで彼女の魂とマスクを託されたんですけど、ご覧のとおり身体がでかいもので、いつしかデカちょると呼ばれるようになりました。
 
 レノファの試合を観るようになったのは2010年くらいからですね。初めてのスタジアム観戦で、すぐに心を奪われました。2013年から毎年のようにカテゴリーを上げましたが、今にして思えば、クラブと一緒に我々サポーターも成長しているという感覚が重要だったと思います。
 
 去年のJ3最終節、ウチは鳥取と、町田は長野と、いずれもアウェーで戦いました(この時点で両チームは勝点77で並んでいたが、得失点差で山口が首位)。最初のうちは、町田の得点経過をチェックする人もいたんですが、こっちは目の前の試合を応援するので必死でしたからね。
 
 アディショナルタイムでの平林(輝良寛)の同点ゴールは、もちろん劇的でしたけど、優勝したのかどうか分からない。チェアマンがシャーレを持って出て来て、「やっぱ、優勝じゃね?」みたいな感じでしたね(笑)。
 
 J3に昇格した時も嬉しかったですけど、今回はそれ以上でした。J3ってなんだかんだ言っても「Jリーグの見習い」みたいな感じじゃないですか。ロゴも違うし。「早く黒いロゴになれるように頑張ろう」って、仲間たちと励まし合いながら応援してきました。
 
 実際にJ2クラブになってみて、やっぱりメディアでの取り上げ方とか違うなと思いました。あと細かい話ですけど、選手名鑑の写真が大きくなったのも嬉しい変化です(笑)。
 
【関連記事】
【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.7「平澤貴」(ベガルタ仙台サポーター)――「絶対に僕らをリオに連れていってくださいね、テグさん!」
【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.6「宮本亜紗美」(V・ファーレン長崎サポーター)――“応援するきっかけはマスコットでもイケメンでも良い”
【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.5「アスルドダック」(アスルクラロ沼津サポーター)――“良い意味で緩さのあるJFLでは楽しんだもの勝ち!”
【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.4「ジャック・シルベストロ」(大宮アルディージャサポーター)――“サッカーなしの人生は価値がない”
【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.3「宮本奈苗」(愛媛FCサポーター) ――壮大な構想を持ちながらクラブの後押しを
【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.2「井上三郎」(川崎フロンターレサポーター)――太鼓での応援を通じて仲間が増える
【新連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.1「盟主」(アビスパ福岡サポーター)――ネットの世界から現実の世界へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ