【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.2「井上三郎」(川崎フロンターレサポーター)――太鼓での応援を通じて仲間が増える

カテゴリ:Jリーグ

宇都宮徹壱

2015年08月26日

「最初叩いた頃は手のひらが血だらけでした」

リードドラムを叩き、選手たちを応援する井上さん。99年にクラブとの出会いがあったという。写真:宇都宮徹壱

画像を見る

「自分はリズム感がいいほうではないです(笑)」
井上三郎(J1 川崎フロンターレサポーター)
 
 ゴール裏でリードドラムを叩いています。等々力に通うようになったのは、まだJ2だった99年でしたね。川崎市民というわけではなく、単に会社の寮が新丸子にあって、それまで特に応援しているチームがなかったので、なんとなくという感じでした。
 
 最初は2階席で見ていて、1階席で応援をするようになったのは、それから2~3年後くらいですかね。太鼓を叩き始めたのは、2002年の開幕から。『川崎華族』の代表の山崎(真)さんから「キミ、やって!」といきなり言われて(笑)。なんで自分だったか、今でも分からないです。割とホームもアウェーも行っていたからですかねえ。
 
 それまで太鼓なんて叩いたことなかったですから、最初の頃はすぐにマメがむけて手のひらが血だらけになりましたよ。腕の筋肉もパンパンになって、試合が終わったらダランと肩から下がっている感じ。
 
 それでも当時のリードの動きを必死で真似していましたね。試合よりも、リードを見ているほうが断然長かった。今は試合の7割くらい見えていますが、セカンド(ドラム)時代は全体の3割くらいでしたね。そのうち慣れてくると、リードの腕の振りを視野に入れながらゲーム内容を把握できるようになるんですけど、「止め」のサインを見逃したらいけないので、ずっと緊張でしたね。
 
 自分がリードを叩くことになったのは09年からです。それまでリードだった人が抜けて、僕しか叩ける人がいなくなってしまったんですよ。「いよいよ逃げられなくなったぞ」と思う一方で、これからは自分のカラーを出していけるのは少し嬉しかったです。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ